« 究極の生体認証技術とは? | トップページ | ロケーションフリーテレビを使うシーンは? »

2005/03/04

「利便性」と「情報セキュリティ」を両立するには? (SECURITY SHOW 2005より)

個人情報保護法の施行により、事業者は個人情報を取り扱う上でのセキュリティ強化が、これまでになく厳しく、社会からの要請として求められるようになってきます。

これに伴い、セキュリティ商品を扱う企業各社から相次いで、個人情報を守るツールをソリューションとして提案していますが、どれもイマイチなものばかりです。

だって、一方でこれからは、「ユビキタスネット社会だ」って言っているわけでしょ?

それなのに、
ユーザー企業「どうしたら個人情報流出を防げますか?」
提案企業「生体認証で入退出の管理はバッチリです。メールも監視して不正な発信がないか監視します。」
ユーザー企業「外出中にパソコンなくしたら?」
提案企業「外部へのパソコンの持ち出しを原則禁止にし、持ち出す際には許可制にして、持ち歩くのを必要最小限のデータに限定すること、またパソコンのセキュリティ機能を強化してください。」
ユーザー企業「それってノートパソコンを外で使う意味ないじゃん!」
ってことでしょ?

確かに「利便性」と「セキュリティ」は相反する関係だというのは、理解しますが、
この程度の提案でソリューションなど仰々しくいうのは、おこがましくありませんか?
ソリューション = 問題解決 ですよ。
これじゃ「問題解決」じゃなくって、「あんた、ちょっと不便になるけど我慢しな!」ってことじゃない!?
そんな提案に大金払えません。

「利便性」と「セキュリティ」を両立できる方法があればという悩みを解決してくれるソリューションはないものか?
これは!?というのをようやく今日、セキュリティショーで見つけました!

モバイルPCの盗難や紛失などに対し
抜本的な情報漏洩防止を実現する
「セキュアクライアントソリューション」

情報は社内サーバーに一元管理して、ユーザーは、個人認証(生体認証等、他人のなりすましができない認証技術)を通してそこにアクセスして情報を閲覧・更新・保管するって仕組みですね。
これだったら、外でパソコン落としても、そのパソコンには何も記録された情報がないわけだから、安全ってわけ。
目からウロコでした。

|

« 究極の生体認証技術とは? | トップページ | ロケーションフリーテレビを使うシーンは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/3172149

この記事へのトラックバック一覧です: 「利便性」と「情報セキュリティ」を両立するには? (SECURITY SHOW 2005より):

» 生体認証 [【生体認証の知識】]
生体認証生体認証(せいたいにんしょう)とは、バイオメトリクスとも呼ばれ、人間の体の一部生体器官の情報を用いて行う個人認証技術である。一般的には指紋が用いられる。電算機(コンピューター)等の利用時あるいはそれによる電子制御の出入口にあらかじめ登録された... [続きを読む]

受信: 2005/05/06 16:53

« 究極の生体認証技術とは? | トップページ | ロケーションフリーテレビを使うシーンは? »