« blog人気Rankingに挑戦中 | トップページ | 映画はやっぱり映画館で »

2005/04/13

DVDレコーダーの使い勝手

マーケティング・経営分野のRankingで70位まで来ました。
皆様のご協力のおかげです。
どうもありがとうございます。
blogの更新のほう頑張っていきたいと思います。

今日は、新聞記事について、

日経4/12(火)31面
売れ筋250ギガバイト DVD録画機6万円台に
新製品は多彩 使い勝手向上

DVDレコーダーの価格下落がますます進んでいます。
またHDDの容量の増加だけでない+αの付加価値のついた
商品を各社が競って出してきています。

自分は、昨年の11月に始めてDVDレコーダーを買ったばかりなのですが、
ここまで技術の進歩と、価格下落のスピードが速いとは、と驚くばかりです。
そろそろDVDレコーダー市場も成熟時期かなと思って買いましたが、
どうやらまだまだ発展途上だったみたいです。

たしかにここ数ヶ月使ってみて、TV録画機能付パソコンとは格段に違う
使い勝手の良さに最初は大満足だったのですが、使っているうちに
少しずつ細かな不満もでてきました。

それは、ひとことで言うと、録画するまでの利便性については非常に良く
考えられているけれど、その後、保存してある番組を見る際の利便性
についてはまだまだ向上させる余地があるなぁということです。

たとえば、
・保存してある多数の番組から自分の見たい番組を探す際の操作性が良くない
・途中まで見た後、次回続きから見れるような設定ができない
・番組の消去が1番組ずつしかできない
などです。

今春の新製品では改善されているかもしれませんが、
これから大容量化が進めば進むほど、保存できる量は増え、その中から
自分の見ようとしている番組を簡単に探せるように、操作性を向上させる
ことが重要になってくると思います。

ぜひ各社、ipod のようにユーザーを感動させるような使い勝手の良さ
目指して頑張ってほしいものです。

|

« blog人気Rankingに挑戦中 | トップページ | 映画はやっぱり映画館で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/3680004

この記事へのトラックバック一覧です: DVDレコーダーの使い勝手:

« blog人気Rankingに挑戦中 | トップページ | 映画はやっぱり映画館で »