« 映画予告評:宇宙戦争 | トップページ | 愛知万博 体験記① »

2005/06/20

映画評: 戦国自衛隊1549

B00420_01戦国自衛隊1549 (2005日)
自衛隊が戦国時代へタイムスリップし、そこで戦国武将と対決したら?
設定からして、かなり荒唐無稽な映画かと思っていたら、これが結構楽しめました。過去にタイムスリップしたら、その瞬間に歴史が変わって未来が変わってしまうんじゃないの?って疑問を、この映画なりにうまく理屈付けしています。(それでも、細かいところに?が残る部分はありますが)

2005年観た映画ランキング
1.交渉人 真下正義 (05日)
2.Mr.インクレディブル (04米)
3.戦国自衛隊1549 (05日)
4.クローサー (04米)
5.アビエイター (04米)

|

« 映画予告評:宇宙戦争 | トップページ | 愛知万博 体験記① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/4627756

この記事へのトラックバック一覧です: 映画評: 戦国自衛隊1549:

« 映画予告評:宇宙戦争 | トップページ | 愛知万博 体験記① »