« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/30

富山旅行 二日目(2005/7/17)

DSC_1196
旅行二日目は、トロッコ電車に乗って黒部渓谷を探索です。
トロッコ電車は、麓の宇奈月駅から終点の欅平までの約20.1km、標高差約375mを約1時間20分かけて走る観光鉄道です。終点の欅平まで、窓ガラスのない普通車両に乗りましたが、風がとても心地よかったです。席は進行方向右寄りの方がお勧めです。
終点の欅平では整備中のため、名剣温泉から先と猿飛峡の方にはいけませんでしたが、お昼を食べた後、1時間ちょっとの散歩ができました。もう少し時間があれば、秘湯、名剣温泉にも入れたんだけどなぁ。
このトロッコ電車は観光客の他に発電用のダムに勤務する方を運ぶ役割もあるのですが、雪でトロッコ電車が運休の冬の間は地下道を上って歩いて通うのだそうです。大変なご苦労だと頭が下がります。電気を大切にね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/25

富山旅行 一日目(2005/7/16)

DSC_1148
旅行一日目に訪れたのは、世界文化遺産に登録されている「白川郷・五箇山の合掌造り集落」
世界遺産巡りは、G.W.のオーストラリアのエアーズ・ロック以来でこの旅のメインイベント(いきなり!?)です。
今回、白川郷萩町と五箇山の菅沼、相倉の3箇所全て行きました。
時が止まったような日本の懐かしい原風景を期待していましたが、世界遺産に登録されて知名度が上がったせいか観光地化されてしまっているなぁと感じられたのが残念でした。せめて車のエンジン音は聞こえないといいのになぁ。
3箇所の中で、五箇山の菅沼がこじんまりしていますが、落ち着いた雰囲気でお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

3連休 富山へ行ってきました。

金曜日に出張だったのを利用して、7月16-18日の3連休、富山に旅行に行ってきました。
レンタカーを借りて、
一日目、世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」
二日目、黒部渓谷・トロッコ電車
三日目、立山・弥陀ヶ原
と周りました。

天気はイマイチでしたが、久々のドライブでよいリフレッシュ休暇になりました。
ニタさんに紹介いただいたお寿司屋さんにも行きました。
穴子の塩がサイコーです!どうもありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/11

伊藤 守: コーチング・マネジメント

022072730000
新米中間管理職として、どうやって実務をやっている担当者たちとそれを管理するマネジャー層とのGAPを埋めたらよいのかを考えていて、出会ったのがこの本です。
(続き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/09

電子決裁システム導入検討中

これまで2-3拠点をまわすだけだった決裁願の稟議書。
新会社の設立や事業所の移転により、一気に全国7-8拠点を順に回付しなければならなくなりました。
当然、決裁が可決されるまでにかかるスピードはこれまでよりかなり遅くなります。また、急を要する決裁があっても、それがどこまで回っているのかを確認するだけでも、大変苦労します。
紙の決裁願を郵送してまわしていくこれまでの運用はもはや限界。電子決裁システム導入の機運が一気に高まってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連休 富山行きます。

今度の3連休、富山へ行きます。

↓こんな素敵な風景に出会えるのが今から楽しみです。
富山市呉羽山から見た立山連峰
高岡市城山(259m)から見た小矢部川

(追伸)
ニタさん、お寿司さんの紹介どうもありがとうございます。
ぜひ、行ってみたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/08

リクルート: プロ論。

025084170000_s_thumb
「B-ing」に掲載されていた「巻頭インタビュー21世紀を働く」をまとめた本書。各界の著名人がそれぞれの働く姿勢、プロとは何か?について語っています。
(続き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

樋口 泰行: 「愚直」論

025317360000_s
日本HPの社長から、新生ダイエーの次期社長兼最高執行責任者(COO)に就任予定の樋口泰行氏の著書。
(続き)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/03

愛知万博 体験記③ (観覧アドバイス)

DSC_1115
今回は、これから愛知万博へ行かれる方への観覧アドバイスです。
アドバイスは3つ

①暑さ対策は万全に!
②事前予約を有効活用!
③2大パビリオン攻略は時間帯で勝負!

続きを読む "愛知万博 体験記③ (観覧アドバイス)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知万博 体験記② (お勧めパビリオン)

DSC_1112
6/25(土) 、26(日)についに愛知万博に行ってきました。
全部で13箇所観た中でお勧めパビリオンは、(20代夫婦2人)

1位 日立グループ館
<6/26(日) 7:00~ 140分待ち>
・企業館の中でも、ここと「トヨタ館」は別格。力の入れ方が違います。双方向性コミュニケーションのライドは、これまで体験したことのない楽しさです。ここを観るだけでも万博に来た価値あり。
・ライド型のパビリオンなので、ショー型のパビリオンより、かなり客の回転率が悪いです。事前予約が取れてない方は、開園前から並んで、朝一に行くのが立って並ぶ時間が少なくてよいかもしれません。

2位 トヨタグループ館
<6/25(土) 16:30~ 130分待ち>
・二本足で歩行するロボットが楽器を演奏する姿は感動モノ。未来を感じます。
・ショー型のパビリオンなので、並んでいても座って待てる時間が長く、あまり苦になりません。これから暑くなるので、夕方以降の回がお勧めかと思います。

3位 マンモスラボ
<6/26(日) 12:00~ 事前予約>
・冷凍マンモスの頭部には牙も毛もあり、生前の姿がリアルに想像できます。
・動く歩道に乗っての観覧なので、1分ほどでアッという間に終わってしまいます。より近くで観たい方は、一番右の列に並んでください。

4位 三菱未来館@earth
<6/26(日) 10:00~ 45分待ち>
・月のない地球の疑似体験が面白い。終わり方がちょっとあっけないかな。

5位 長久手日本館
<6/26(日) 13:30~ 90分待ち>
・360度全天球型映像が売り。想像してたほどではなかったけど、まずまず。
 
振り返ってみると、やっぱり前評判が高いところが、実際も観てよかったなぁ~という印象です。ただ、前評判が高いところは、やはり相当混んでいますので、うまく計画を立てていくのが大事かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »