« 今日から30代! | トップページ | 潜入:東京ジオサイトプロジェクト »

2005/09/03

映画評: 皇帝ペンギン

B00447_01
皇帝ペンギン (2005仏))

皇帝ペンギンが生命を繋いでいく営みを収めたドキュメンタリー映画。感想は・・・

生命の営みって本当にドラマだと感じました。皇帝ペンギンのカップルが命を懸けて、子を産み、育てていく姿に感動。オスペンギンはメスペンギンが戻ってくるまでの間の約4ヶ月の間、何も食べずにひたすら卵を温め続けます。
とても真似できません(笑)。

2005年観た映画ランキング

1.交渉人 真下正義 (05日)
2.Mr.インクレディブル (04米)
3.皇帝ペンギン (05仏)
4.戦国自衛隊1549 (05日)
5.スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (05米)
6.クローサー (04米)
7.アビエイター (04米)

|

« 今日から30代! | トップページ | 潜入:東京ジオサイトプロジェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/5665620

この記事へのトラックバック一覧です: 映画評: 皇帝ペンギン:

» 「皇帝ペンギン」暑い夏にピッタリ! [新作映画ピンポイント情報]
 「皇帝ペンギン」(ギャガ)は、南極大陸で生命を育む皇帝ペンギンの姿を捉えた、驚異の自然ドキュメンタリー!フランスでは、 [続きを読む]

受信: 2005/09/07 13:55

« 今日から30代! | トップページ | 潜入:東京ジオサイトプロジェクト »