« ご祝儀貧乏ならぬ・・・ | トップページ | 2006年度はまだ見えず »

2006/03/11

万里の長城の作り方

thumb 昨年の転勤以来、自宅から会社まで約15分、徒歩での通勤です。
毎日、満員電車で通勤されてる方と比べたら大変贅沢な話ですが、通勤に関して一点だけ不満なことがあります。

それは、自宅から会社までの道が何の変哲もない住宅街を通るまっすくの一本道だということ。

歩いても、歩いても先に進んでいる実感がない!

これが結構なストレスなんです。
通り道の途中に何かお店とかがあれば全然違うのでしょうが。。。

人って、達成がたやすい小さな目標の積み重ねがあってこそ頑張れる生き物。
はるか遠くに大きな目標があるだけじゃだめなんだ!

そんなことをなにげなく考えていたとき、中国の万里の長城、あの5万キロにもおよぶ城壁建造の工法を聞きました。

ここで簡単に紹介すると、

まず、
工区を1キロメートルごとに細かく分割し、約40名ずつのグループが2班に分かれて区
画の両端から作り始める



中心で出会って1キロメートル完成!



完成したらすぐ隣の工区には移らない。はるか遠くの工区に移動する



また同じ作業工程を繰り返す

ポイントは、1キロ完成するごとに達成感を味わわせ、遠方に送ることで新たなやる気
を出させるというところ。端から順番に作っていたのでは、完成まで気の遠くなるような作業でとてもやる気は起こりません。
理想の高い目標を立てても、それに向かって努力し続けられる人は少数です。
まずは身近な目標を設定し、それを一つずつクリアしていくことが大切ですね。

まさに 「ローマは一日にして成らず」 でしょうか

|

« ご祝儀貧乏ならぬ・・・ | トップページ | 2006年度はまだ見えず »

コメント

万里の長城の作り方の紹介はとても参考になりました。
目標が大きすぎると、あきらめがちになりますが、達成感を与えたり、
気分を転換することで、モチベーションを高めていったのですね。
 
TBもさせてもらいました。

投稿: gaoyecn | 2006/03/11 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/9037192

この記事へのトラックバック一覧です: 万里の長城の作り方:

» ȬãĹ [ニイハオ!チャイナ!]
万里の長城は戦国時代から明代まで歴代王朝が、 北方民族の侵入を防ぐために築いた城壁です。 八達嶺長城は明代に作られました。 周りの景色は木々が少し緑になり始めました。 *ブログで北京大学の生活と  中国各地の旅の様子などを紹介しています。  こちらか...... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 21:36

« ご祝儀貧乏ならぬ・・・ | トップページ | 2006年度はまだ見えず »