« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/28

残業大国日本

相変わらず(ため息)、組織変更やら業務制度改革やらの対応に追われています。
とてもじゃないけど全てをこなしきれず、対応が後手後手になってしまい、それがまたトラブルを発生させるという悪循環!
こんなことでは人も組織も疲弊が進み、いつか破綻してしまうのではという不安に駆られます。また、今は夫婦二人ですが、いずれ子供ができたときに家庭生活が成り立つのか!?という不安もあります。

こんな記事を見つけました↓ 要約です。

残業大国日本

ニッポンはあきれるほどの残業大国だ。若いころには理解不能なほどの残業をさせられる。なぜこんなに残業をしなければならないのか。日本という国のほぼ全事業体で、業務の計画自体になにかとてつもない無理があるのではないかと疑いたくなってくるほどだ。 ラテン諸国では、仕事を終えて自宅にもどり、おしゃれをして再び街にくりだす。夜は自分がほんとうの人生をたのしむための時間である。

ケチな育児手当や保育園の整備などばかりしていても、少子化をくいとめることは絶対に不可能だ。 思い切って、週に3日間20~30代の残業を禁止する法律をつくったらどうだろうか。そうすれば、誰だって嫌でも恋をしたり、会社とは別な友人とのんだり、新たな趣味を始めたりするだろう。夜の街やレジャー産業に落ちる金額も膨大になるだろうし、日本中で恋の花が咲き乱れることだろう。

そんなことをしたら、ニッポン国のGDPが急落するなどと不安にかられる経営者もいるかもしれない。だがすでに事務処理作業は、コンピュータによって人間よりも遥かに上手に処理されている。 人間に残された労働の核になるのは、機械とコンピュータが不可能な仕事、要するに創造的な仕事、新しいセンスやアイデアを必要とする仕事である。
 
現在の過重な残業体制が、日本人から創造性を奪っていると思えてならない。真の創造性は生きることをたのしむ余裕から生まれるはずだ、遊びのないところに、新しい創造の芽はない。

大賛成だなぁ~。どうせ作るならこんな法律を作ってほしいと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/21

親からの手紙

昨日は、会社の同期の結婚式&二次会に夫婦で参加してきました。
二次会では幹事をやったのですが、新郎新婦に内緒で企画したことがありました。

それは、新郎新婦の両親から手紙を預かり、二次会で新郎新婦に贈るというもの。

自分たちのときもそうでしたが、結婚式の直前は準備等に追われてなかなか家族でゆっくり話をする時間がありません。

親からすれば、これまでずっと一緒だった家族が巣立っていくときに、伝えたいことがきっとあるだろうなぁ~と思って企画しました。

幸いどちらのご両親も快く引き受けてくださり、新郎新婦の二人もとても感動してくれました。よかったです。(^^)V

どうぞお幸せに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

結婚2周年

5月15日は、結婚2周年の結婚記念日。早いものです。(^0^)

昨年の記念日は休日だったので式場のレストランへ行きましたが、今年は平日でしたので、たまには定時で帰って、妻が帰ってくる前に手料理を作ってみました。

Menuは、
200605152348000鶏もも肉の梅酒煮焼き、小松菜添え』、『タコのガーリック&オリーブ炒め』、『冷やしトマト和風ドレッシング

食後には、ケーキと映画。
妻も喜んでくれたようです。こんな記念日もいいですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

初上陸沖縄⑥ 沖縄土産

ミニ源氏 紅いもパイ
Genjipai8会社へのお土産に買いました。
職場に21人もいるので数が多くてかさばらないものということでこれにしたのですが、

後日、帰宅後に近所のスーパーに立ち寄ると「沖縄フェア」をやっていて、見覚えのあるピンクのパッケージが・・・。

デパートの物産展とかにあるのはしょうがないと思いますが、まさか近所のスーパーで買えるものをお土産として買ってしまうとは・・・。
しかも、沖縄で買った値段より安かった。
ちょっと、ショック。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初上陸沖縄⑤ 沖縄食べ歩き

今回の旅行では、ホテルでの毎朝・昼食+夕食1回がセットになっているプランだったので、外に食べに行く機会はあまりありませんでした。

ゆんたくすば 御殿山(うどぅんやま)
07_1最終日、首里城近くでお昼に立ち寄ったお店です。住宅街の中のお店なのにお客さんがいっぱいでした。築150年の古民家は雰囲気満点で、食べた沖縄そばもとてもおいしかった。お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初上陸沖縄④ 沖縄世界遺産巡り

沖縄の世界遺産、『琉球王国のグスク及び関連遺跡郡』。
全9箇所のうち、5箇所を巡って来ました。

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
72ea13世紀末、琉球が北山、中山、南山の三山に割拠していた頃に築城された。複雑な自然の地形をいかして、1.5kmにわたり巡らせた堅固な城壁が特徴の一つ。
本丸郭から望む東シナ海が絶景だったはずが・・・、もやっていてかすんでました。残念。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

.
.

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
C281首里城公園の守礼門側にある。国王が琉球の始祖アマミキョの拝所を巡礼する際に旅の安全を祈願したり、王府の行事や祭祀に重要な役割を果たした。
首里城へ向かう道の途中に世界遺産って書いてないと気付かないくらいさりげなくあります。
.
.

首里城(しゅりじょう)
C0dd首里城の造営は14世紀後半に始まり、15世紀半ばにはほぼ現在の規模に達した。その建築には中国や日本の影響が混在しており、結果的にいかにも沖縄的な城として完成。
いくつもの門をくぐり抜け、目の前に現れた正殿は、まさに沖縄のシンボルというべき鮮やかな色彩をはなっていました。
.

玉陸(たまうどぅん)
7edb尚真王が父・尚円王の遺骨を改葬するため1501年に建立。
首里城とは、対照的なモノトーンの世界が神秘的。宮崎アニメに出てきそうな世界です。
.
.
.
.

斎場御嶽(せーふぁうたき)
3b96琉球王国時代、国の最高女神官の就任式が行われた場所で、由緒ある聖地。
三角形をかたちどった岩が荘厳な雰囲気をかもし出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

初上陸沖縄③ 沖縄美ら海水族館

行ってきました!世界一の巨大水槽は 大迫力!Ace7_1 B575_2





65d3   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初上陸沖縄② リゾート初体験

今回、リゾートで初めて体験したことがたくさんありました。

電動カート
5112リゾートの敷地が広いので、敷地内は部屋ごとの専用カートで移動します。
時速は20Kmくらいしかでませんが、便利だし、風を感じながら走るのは、車とは一味違ってリゾート気分一杯でした。











ジャグジー付の部屋
Aa88テラスにジャグジーが付いてる部屋でした。ホント気持ちが良くて毎日3回は入ってました♪
.
.
.
.
.
.

体験ダイビング
D7ddこの旅行の最大の楽しみが初めてのダイビングでした。耳抜きができるかなぁ~とか最初少し不安もありましたが、まったく問題なく楽しむことができました。
体験ダイブは免許なしの人が気軽にできるものなので、常にインストラクターの人に手を引かれて(介護老人のように!?)泳ぎます。
ライセンスを取得して、もっと自由に思いっきり泳いで見たい!って思った海の中の世界でした。

.
パークゴルフ
91a0クラブ1本で気軽にできるゴルフです。
思いっきりスイングできるのが気持ちいい。プラスチック製のボールですが結構飛びます。
スコアは、OUTが41/33の+8 INが32/33の-1でした。またやりたい!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

ゴルフ
8f29_1 ダイビングと共に楽しみにしてたのが『ゴルフ』。超初心者にも関わらず、本物もちょこっとだけ(3Hole)体験して来ました。
結果は、う~ん。なかなかちゃんとボールに当たらないものですね・・・。
でも、ボールが飛んだときの爽快感は、とっても気持ちいい。
ちゃんと練習してまた挑戦したいと思いました。
スコアは、計測不能(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初上陸沖縄① テーマは『非日常』

A261 4/29-5/3の4泊5日。初めて沖縄に行って来ました。

今回のテーマは、『非日常』。

テレビやインターネットは一切遮断して、宿泊先のカヌチャベイホテル&ヴィラズを拠点にアクティビィティで体を動かし、ドライブ&観光も満喫してリフレッシュできました。

天気はあいにく不安定で雨の日も多く残念な部分もありましたが、G.W.らしい混雑や渋滞にもほとんど合わずに済み(ラッキー♪)、初めての沖縄を十分楽しむことができました。

何回かに分けて、今回の旅行記を書いておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理のできる男になろう3!

3日に沖縄旅行から帰って来ました。
(ただいま写真の整理中。近日、旅行記UPします!)

さて、旅行から帰ってからはまたまた男の手料理にはまってます。
今回作った料理は、昨日が『ぶり大根』、今日は『塩豚のオーブン焼き』。

『ぶり大根』は、味のしみ込みがもう一息。『塩豚のオーブン焼き』は、前日から下味を付けて作った甲斐あってなかなかおいしかったです。

妻の評価は、
『ぶり大根』:★★★☆☆
『塩豚のオーブン焼き』:★★★★★ 満点!
200605042059000200605052135000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »