« BATIC Subject1 Text ⑤ | トップページ | 亀田興毅 戦いはここから始まる »

2006/07/29

BATIC Subject1 Text ⑥

あと3つ!

Chapter 8 Financial Statements and Worksheet(財務諸表と精算表)

8-1 Income Statement(損益計算書)

Income statementの作成目的は、一定期間における企業のResult of operation(経営成績)を明らかにすることである
損益計算書のことをP/Lと呼ぶことが多い。P/LはProfit and loss statementの略であり、これも損益計算書と訳される

SalesからCost of goods soldを引いたものをGross profit(売上総利益)という
Gross profitからOperating expense(営業費用)を引いたものをOperating income(営業利益)という。Operating expenseはSelling,general,and operating expense(販売費及び一般管理費)とも呼ばれる
Other income and expense(営業外損益)には、事業以外で得た収益と損失が計上される。これにさらに税金を加味して、Net income(当期純利益)が算出される

8-2 Balance sheet(貸借対照表)

Balance sheetとは、一時点における企業のFinancial position(財政状態)を示すものである。一時点とは通常、Accounting period(会計期間)の終了時点、すなわち決算日である
AssetsとLiabilitiesは原則的にCurrent(流動)→Noncurrent(固定)の順に並べる

Balance sheetで、上部にAssets、下部にLiabilitiesとStockholders' equityを並べた形式をReport form(報告式)と呼ぶ。T-accountのように左右に表示する形式をAccount form(勘定式)と呼ぶ

Assetsの代表的な区分は、Current assetsとProperty,plant and equipment(PPE、有形固定資産)である。PPEはNoncurrent assetsの一つである
Liabilitiesは、Current liabilities(流動負債)とNoncurrent Liabilities(固定負債)がある。Noncurrent liabilitiesはLong-term liabilitiesと表示されることもある
Currentかどうかは、One-year rule(一年基準)またはNormal operating cycle rule(正常営業循環基準)で決まる。

8-3 Worksheet(精算表)

WorksheetはBalance sheetとIncome statementを効率よく作成するために用いられる表である

8-4 Accounting Cycle(会計サイクル)

① 対象となる会計上のEventを認識する
② Journalに記入する
③ 上記②の仕訳をLedgerに転記する
④ 一定期間ごとにLedgerからTrial balanceを作成し、Ledger記入の正確性を検証する
⑤ Account balanceの決算修正を行い、Adjusted trial balanceを作成する
⑥ Worksheetを作成する
⑦ WorksheetからFinancial statementsを作成する
⑧ 帳簿(Journal、Ledger等)を締め切る
⑨ Post-closing trial balanceを作成する


以上、Chapter8終了、進捗率80%だー!

|

« BATIC Subject1 Text ⑤ | トップページ | 亀田興毅 戦いはここから始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/11141773

この記事へのトラックバック一覧です: BATIC Subject1 Text ⑥:

« BATIC Subject1 Text ⑤ | トップページ | 亀田興毅 戦いはここから始まる »