« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/27

ゲド戦記(06日)

Mo4235ゲド戦記(06日)


これも夏休み中に観に行ってました。
金曜日の夜に外で夕食した後のレイトショー♪
普段の週末もたまには、定時にあがって映画観にいけるときがあるといいのになぁー。


さて、まずはランキングから


2006年観た映画ランキング

1.ALWAYS 三丁目の夕日 (05日)
2.THE 有頂天ホテル (06日)
3.LIMIT OF LOVE 海猿 (06日)
4.デスノート 前編 (06日)
5.インサイド・マン(06米)
6.ダ・ヴィンチ・コード (06米)
7.フライトプラン (05米)
8.キング・コング (05米)
9.ゲド戦記(06日)
10.ブレイブ ストーリー(06日)


感想は、・・・

続きを読む "ゲド戦記(06日)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/26

オトコ香る。

暑い日が続きますなぁ~。

汗っかきな私は、汗臭くて周りの方々にご迷惑をおかけしていないか心配です。


「ダンナ、いいもの見つけましたゼ」

うふふ♪ (* ̄ー ̄)v


オトコ香る。
0134283_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/25

ゲリラ雨

今日も午前中、急に大雨降りましたね。
大丈夫でしたか?
ところで突然ですが、


『ゲリラ雨』
 って知ってます?


下痢ラーメンじゃないですよ(笑)


近年の突然のスコールみたいな雨のこと言うんですって。
今日、初めて聞きましたが、なんかすごくイメージができる語呂のいい言葉なんで、頭に残ってしまいました。

まわりにも広めよーと。 

めざせ流行語大賞!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/24

ブレイブ ストーリー(06日)

Mo4099ブレイブ ストーリー(06日)

書き込みが遅くなりましたが、夏休み中に観に行きました。

アニメだし、観に行こうか迷っていたのですが、ガンガンCMとかやってたし、主題歌も良かったので(?)観ることにしました。

まずはランキングから ↓

2006年観た映画ランキング

1.ALWAYS 三丁目の夕日 (05日)
2.THE 有頂天ホテル (06日)
3.LIMIT OF LOVE 海猿 (06日)
4.デスノート 前編 (06日)
5.インサイド・マン(06米)
6.ダ・ヴィンチ・コード (06米)
7.フライトプラン (05米)
8.キング・コング (05米)
9.ブレイブ ストーリー(06日)

感想は・・・

続きを読む "ブレイブ ストーリー(06日)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

シティホテル評:東京ドームホテル

Vxluw1今回も夏休みに都内に泊まり行ってきました。今回利用したのは、

東京ドームホテル
『楽天・晴天◆サマープラン(プール利用券付)◆』プラン

特徴は、
ホテル内のガーデンプール利用券とご朝食をお付けしたプランです。

感想は、
2日目の朝にプール行こうとしてたら、天気悪くて行けませんでした。
(プール付きプランにした意味なーい。)
でも部屋は、東京ドームシティが一望できる部屋で、中も綺麗で良かったです。
チェックイン・アウトの混雑がすごかったのがイマイチ。

また東京ドームシティがラクーアをはじめ、新しい施設に変貌していてビックリ。
(後楽園遊園地の時代が懐かしい。。。)

Logo  ちょうどイベントで『恋するハニカミ! in 東京ドームシティ2』をやっていたので、参加してみました。(ちょっと若すぎ!?)
遊園地で遊ぶのは久しぶりでしたが、楽しかったです♪ 
ジェットコースター『サンダードルフィン』と観覧車『ビッグ・オー』がお勧め。
観覧車の中で夜景観ながら、音楽聴いて、カクテル飲んで。なかなかロマンチックですよ。




過去に行ったことのあるシティホテルランキング

1.ウェスティンホテル東京
2.パークハイアット東京
3.ホテル インターコンチネンタル東京ベイ
4.東京ドームホテル
5.ホテルニューオータニ
6.ホテルパシフィック東京

| | コメント (0) | トラックバック (1)

英語漬け

前にも書きましたが11月に1週間、英語での研修を受けるので今からビビッてます(笑)。
しょうがないので今年の夏休みは英語を中心に勉強中。

夏休みにしたのは、

BATICの勉強
 これまでブログでも紹介しておりますが、資格取得目指してがんばっております。
 会計の専門用語をマスターするゾ。

Duo 3.0 のCD
90079005
 昔、受験のときも愛用していたDuo。
 CDで日本語訳の後、英語が流れるので、本を見なくても気軽に聞けます。
















Nintendo DS 英語漬け
 
Package
ゲーム感覚で(もともとゲームだけど)勉強できるので長く続けられそうです。
 ランクB~Aあたりなので、もう一歩LEVEL UPしたいところです。







ほんと、英語漬けの毎日やなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

BATIC Subject1 Text ⑨

Appendix

Pl_1







































Bs_2 




















これで本当に終了。
なんとか一冊やりきりました。ブログのおかげかな。
12月の試験に向けて、次はSubject2に挑戦です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

DS

Photo_white 買ってしまいました『Nintendo DS Lite』。

これだけ話題になるとやっぱり欲しくなってしまいます。発売当初は、絶対SonyのPSPの方が売れると思っていたのに。こっち買うことになるとは思ってませんでした。

確かに実際にやってみると今までのゲームと違う楽しさがあるのに関心します。

特に『タッチペン』。
そこらのPDAののより全然、文字の認識率が良い!。快適。楽しい♪。スゲー。

買ったソフトについてもまたレビューしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

『死神の精度』 伊坂幸太郎

416323980401死神の精度

著者:伊坂幸太郎
出版社:文藝春秋
サイズ:単行本/275p
発行年月:2005年06月

ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に、ある時は本格推理風に……様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様



なんて表現したらいいのだろう。不思議な感じ。
メチャクチャおもしろいというわけじゃない。じわじわと染み出てくるような味わいのある作品。

死を意識することで、生の意味を考えさせられます。

この本の主人公、死神も言ってるけど、他の生物から見たら、人間ってほんと不思議な生き物なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

BATIC Subject1 Text ⑧

いよいよ最終章!

Chapter10 Internal Control(内部統制)

10-1 Internal Control
Internal Controlは会社をよりよく運営するために、会社内部に設けるコントロールのことを指す。

The Committee of Sponsoring Organizations of the Treadway Commission(トレッドウェイ委員会組織委員会)・・・不正な財務報告を発見することと、その発生を防止するための枠組みを提案する目的で設置

COSO report・・・1992年に公表された内部統制のフレームワークを示したレポート

COSO reportにおける内部統制の定義:
 Internal control is broadly defined as a process,effected by an entity's board of directors,management and other personnel,designed to provide reasonable assurance regarding the achievement of objectives in the following categories(内部統制は次のような目的の達成について、合理的な保証を提供することを意図した、事業体の取締役会、経営者およびその他の構成員によって遂行されるプロセスと広く定義される)
  ・Reliability of financial reporting(財務報告の信頼性)
  ・Effectivenes and efficiency of operations(業務の有効性と効率性)
  ・Compliance with applicable laws and regulations(関連法規の遵守)

Internal controlの構成要素
 ・Control environment(統制環境)・・・従業員のIntegrity(誠実性)、Ethical Value(倫理的価値観)、Management Philosophy and operating style(経営者の哲学、行動様式)、従業員へのAuthority and responsibility(権限と責任)の割り当てなどからなり、組織の風土と従業員の意識に影響を及ぼし、他の要素の基本となる
 ・Risk assessment(リスク評価)・・・リスクをどのように管理すべきかを決定するための基礎を提供する
 ・Control activities(統制活動)・・・組織の目的が達成されるための手段と手続であり、Approval(承認)、Authorization(権限)、Verfication(検証)、Reconciliation(調整)、Review of operating performance(業績の評価)、Security of asset(資産の保全)、Segregation of duties(職務の分離)などが含まれる
 ・Information and communication(情報と伝達)
 ・Monitoring(監視活動、モニタリング)

具体的な内部統制手続
 ・Record keeping(帳簿記録)と資産のCustody(管理)は区別しておくこと・・・物理的な管理者と帳簿に記録する人は同一人物であってはならない
 ・仕事のResponsibilityは明確にしておくこと
 ・Related transactions(関連する取引)には、複数のIndividuals又はDepartmentsが介在すること・・・お互いに牽制し合って不正が起こりにくい
 ・可能な限り、Control devices(管理機器)を使用すること・・・後で証拠が残る

10-2 Cash Control(現金管理)
(1) Petty Cash Book(小口現金出納帳)
 Cashは非常に流動性が高く、紛失した場合、まず戻ってこない。よって、企業は基本的にはCashはすべて金融機関に預けておき、手元には残しておかないようにしなくてはならない。
 しかし、そうはいっても、どうしてもCashでの支払い以外受け付けてもらえないような日常の細かい支出に対応するために、ある程度の金額を鍵のついたPetty cash box(小口現金金庫)に入れ、管理をおこなっている
 
 Imprest Petty Cash System(定額小口現金前渡制度)・・・前回補充したとき以降の支出合計を集計し、その同額のCashを金融機関より引き出してきてReplenish(補充)して運用する

(2) Voucher System(バウチャーシステム)
 Voucher systemは、Cash disbursement(支払)に対する内部統制を強化するために多くの会社で採用されている
 
 Voucher systemのポイント
  ① 全ての支払に対して、必ず“Voucher”が作成されなければならない
  ② Voucherには、Sequence number(連続番号)を打つ
  ③ Voucherには、Purchased items(仕入項目)、Amount of purchase(仕入金額)、Terms(支払条件)、Accounts to be debited(借方側の勘定科目)など、支払に必要な情報は全てこれを記載する
  ④ Voucherは支払う前に必ず、支払責任者のApproval(承認)を得なくてはならない
  ⑤ Purchase journalは廃止して、新たにVoucher register(バウチャーレジスター)を設ける
   ⑥ Cash payment journalは廃止して、新たにCheck register(チェックレジスター)を設ける

  Voucherに対する支払は全てCheck(小切手)で行う。VoucherにはPurchase order(注文書)、Receiving report(受領書)、Invoice(請求書)、Receipt(領収書)などの関連書類を添付する
  支払の済んだVoucherには「“Paid”」のマークをつけて、番号順にファイルする

やった!Chapter10完了!進捗度100%! と思ったら・・・
後ろにAppendix(付録)とIndex(索引)ついてた。。。これもやらなきゃ終わりではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

デスノート 前編 (06日)

Mo4228デスノート 前編 (06日)


映画が話題になっていたので、慌ててコミックで予習。
なるほどおもしろい!
さっそく観にいきました。



まずはランキングから ↓

2006年観た映画ランキング

1.ALWAYS 三丁目の夕日 (05日)
2.THE 有頂天ホテル (06日)
3.LIMIT OF LOVE 海猿 (06日)
4.デスノート 前編 (06日)
5.インサイド・マン(06米)
6.ダ・ヴィンチ・コード (06米)
7.フライトプラン (05米)
8.キング・コング (05米)


そして観た感想は・・・

続きを読む "デスノート 前編 (06日)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

ドライブ at 三浦半島

夏休みの初めに三浦半島にドライブに行って来ました。
まず最初に訪れたのは、『ソレイユの丘』。思ってたほど敷地は広くありませんでしたが、天気も良く、いい風が吹いていて気持ちよかったです。

ひまわり畑の写真をパチリ
Himawari_1
































お土産に黒スイカを購入。でかくて重~い!
シートベルトで後部座席に座らせました(笑)。
Suika_1





































せっかく三浦半島の先っぽまで来たので、昼食は三崎まで足を伸ばしてマグロを食べることにしました。

たまたま見つけた『三崎・くろば亭』。かなり有名店だったようです。まぐろの血合カルビ焼きがうまかった♪
Maguro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BATIC Subject1 Text ⑦

あと2章!

Chapter9 Generally Accepted Accounting Principles(一般に公正妥当と認められた会計原則)

9-1 Generally Accepted Accounting Principles
Generally Accepted Accounting Principles(GAAP)とはFinancial accounting(財務会計)の基礎となるルールであり、明文化された公式の意見書の他に、産業界の慣習なども含まれる

(1) Accrual Accounting(発生主義会計)
GAAPの最も基本的な考えが、Accrual accountingである。企業の会計取引は、一部例外的にCash accounting(現金主義会計)が認められている企業を除き、すべて発生主義で認識されなければならないとされている

(2) Hierarchy of GAAP(GAAPの階層)
GAAPの具体的な内容は、Financial Accounting Standards Board(FASB、財務会計基準審議会)やAmerican Institute of Certified Public Accountants(AICPA、米国公認会計士協会)などの公式の意見書などに示されている。これらの意見書を会計実務に適用するにあたっては、一定の優先順位がCategoryとして定められている

9-2 Accounting Concepts(会計概念)

(1) Statements of Financial Accounting Concepts(財務会計概念書)
SFACは、一口で言えばGAAPの理論的根拠となるものである。SFACは、GAAPに明文規定がない場合の指針となるものであり、また新たなGAAPを作る際の基本的な概念を提供するものである

(2) Objectives of Financial Reporting by Business Enterprises(財務報告の目的)
 ① 投資判断、与信判断等の意思決定をするために役立つ有用な情報の提供
 ② 将来のキャッシュフロー見通しについて金額、時期、不確定要素を判断するために役立つ有用な情報の提供
 ③ 企業が有する資産、負債、資本の状態およびこれらの変動に関する情報の提供

(3) Qualitative Characteristics of Accounting Information(会計情報の質的特性)
 財務報告(財務会計)の目的を受けて、その目的を達成するためのQualitative Characteristicsについて明示
 ① User Specific Qualities(利用者本位の情報)
  会計情報は、会社外部の利用者にとって明確で分かり易くなければならない → Understandability(理解可能性)
    また、様々な意思決定のために有益でなければならない → Decision Usefulness(意思決定への有益性)
 ② Relevance(目的適合性)
  会計情報は、利用者の目的に適合するものでなければならない。利用者の目的に適合するとは、その情報が存在することで利用者の意思決定(投資判断等)に影響を与える可能性があることを意味する
 ③ Reliability(信頼性)
  会計情報は信頼性を備えていなければならない。信頼性があるとは、取引事実を忠実に表しており、かつそれが検証可能で中立的なものであることを意味している
 ④ Comparability(比較可能性)とConsistency(継続性)
  比較可能性と継続性は、目的適合性と信頼性を担保するものである
 ⑤ Benefits > Cost(費用対効果)およびMateriality(重要性)
  上記①~④に該当しても以下に述べる2つの制約条件をクリアできない会計情報は、利用者に報告・開示されない
      Benefit > Cost ・・・ 会計情報を提供するために多大な労力と費用がかかり過ぎて、それに見合う効果が期待できないような会計情報は提供されない
      Materiality ・・・ 会計情報の利用者に提供する情報は、利用者にとって重要性のある情報に限る

(4) Recognition and Measurement in Financial Statements of Business Enterprises(財務諸表における認識と測定)

(5) Elements of Financial Statements(財務諸表の基本要素)
  Assets、Liabilities、Equity(資本)、Investments by owners(所有者による出資)、Distributions to owners(所有者への分配額)、Comprehensive Income(包括利益)、Revenues、Expenses、Gains(利得)、Losses(損失)

(6) Using Cash Flow Information and Present Value in Accounting Measurements(会計測定におけるキャッシュフロー情報と現在価値の利用)

9-3 Disclosure System(ディスクロージャー制度)
企業は財務諸表に対しては、GAAPに基づいて正しく作成するだけでなく、利害関係者にそれらを公開しなくてはならないという義務を持つ
米国においては、SEC(Securities and Exchange Commission、証券取引委員会)が投資家保護と証券市場の円滑な推進のために存在する

Chapter9終了。進捗度90%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

亀田興毅 戦いはここから始まる

20060803dxke006303 亀田興毅が世界チャンピオンを奪取した。
しかし、やはり世界はそんなに甘くはない。本当に微妙な判定だった。

今回の判定については各方面からいろんな批判が出ているが、私は批判しようとは思わない。今回の件は、亀田自身には何も責任はない。

むしろ亀田には、私たちにすばらしい感動を与えてくれたことを感謝したい。いまどきあれほど、父親との信頼関係で結ばれ、兄としての責任感が強く、夢に向かってひたむきになれる人はそうはいない。

また、亀田でも初めての世界戦は緊張するんだということ、勝利が決まった瞬間大泣きしたことに彼の人間性が感じられたのも良かった。

亀田興毅、そして亀田一家の夢は果てしなく大きい。3階級制覇。そして兄弟3人の世界チャンピオン。その第一歩として、今回の経験は本当に大きかったと思う。

次回、さらに大きく成長した彼の姿を見れるのが今から楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »