« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

大晦日

いよいよ2006年も今日で終わり。大晦日です。
去年の今頃はまさか、今、大阪に暮らしているなんて思ってもいませんでした。

どんな年末を過ごしていたかなぁと思って、去年の大晦日のブログを見てみたら↓
http://takasan828.cocolog-nifty.com/syokan/2005/12/mr_mrs_0e68.html

映画を観に行っておりました。結構、暇だったのね(^^;)
今年は、まだ引越ししてから片付いてない新居の大掃除です。

こうやって、1年前とかを振り返れるのもブログのいいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

仕事納め

昨日28日が、今年の仕事納めでした。

今年は途中で転勤して、仕事内容が全く変わってしまってから、まだ1ヶ月ちょっとなので、まだなかなか1年間働いた実感がない不思議な気分です。

来年からは、いよいよ本番!1年間しっかり頑張りたいと思います。

その前に大阪での初めてのお正月を満喫~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

日本インターネット映画大賞日本映画部門への投票

昨年に引き続き、今年も日本インターネット大賞inブログからTBが来てました。もうそんな時期なんですね。1年あっという間だなぁ。

今年も投票するのは、日本映画部門。昨年同様、邦画の方に勢いがあった1年だった気がします。

投票のルールは、
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ALLWAYS 三丁目の夕日」9点
  「フラガール」8点
  「デスノート the Last name」7点
  「THE 有頂天ホテル」6点
【コメント】
「ALLWAYS 三丁目の夕日」・・・去年からの公開作ですが、評判を聞きつけて年明けに観にいきました。傑作です。
「フラガール」・・・彼女たちのひたむきさに心打たれます。頑張る勇気が出る映画です。
「デスノート the Last name」・・・コミックを読んで臨んだ人は、その結末に唖然とするでしょう。旨い!
「THE 有頂天ホテル」・・・ちょっと懲りすぎの部分もありますが、なかなか楽しめます。もう一度観たい。
-----------------------------------------------------------------
【監督賞】(作品名)
   [山崎貴] (「ALLWAYS 三丁目の夕日」)
【コメント】
 CGってこういう使い方もあるんだなぁと感心。

【主演男優賞】
   [伊藤英明] (「LIMIT OF LOVE 海猿」)
【コメント】
 実は、海猿好き!ドラマも欠かさず観てました。

【主演女優賞】
   [松雪泰子] (「フラガール」)
【コメント】
 まどか先生役で新境地開拓!

【助演男優賞】
   [松山ケンイチ] (「デスノート the Last name」)
【コメント】
 完全に主役を喰ってた気が。

【助演女優賞】
   [薬師丸ひろ子] (「ALLWAYS 三丁目の夕日」)
【コメント】
 こんなお母さん最高です!

【新人賞】
   [松山ケンイチ] (「デスノート the Last name」)
【コメント】
 この映画を観て、すごく「L」に親近感を感じました。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/26

国家の品格 藤原正彦

国家の品格 藤原正彦
リンク先:http://item.rakuten.co.jp/book/3684277/

ベストセラーで、評価も様々だったのでちょっと敬遠してたのですが、
ついに買っちゃいました。
今の資本主義社会の世の中に疑問を感じている人にお勧めです。

Photo_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/25

初エステ!

EstheticLunch
 








奥さんがこちらに遊びに来ていたので、二人でクリスマスの週末を過ごしました。大阪での初のクリスマスということで、どこかにランチでもしに行こうと思い、少し前から、お店を探していたのですが、どこも予約で一杯、または高すぎ!でなかなか見つかりません。

そこで、ちょっと趣向を変えて、Hotelのランチ付きエステプランならどうかと思って申し込んだところ、意外にあっさり、24日のお昼で予約が取れました。

自分も一緒にエステ体験することになったのですが、これまでエステはおろか街角のマッサージ屋すら行ったことがありません。 最初はかなり緊張でしたが、慣れてくると、とっても至福のときでした♪。日頃の疲れがスッキリ!

エステの後、Lunchだったのですが、エステで五感が研ぎ澄まされたせいか(?)、Lunchもとてもおいしかったです。

奥様にも満足いただけたようで、なかなかよいプランでした♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/22

もうすぐクリスマス!

Holiday06_1resなるほど、もうすぐクリスマスですね。

今年は、大阪での初めてのクリスマス。
奥さんも週末遊びに来るので、どこに行こうかと検討中です。
さて、どこにしようかな♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/12/21

亀田興毅、初防衛!

20061220e003y02220 亀田が見事、防衛を果たした。
しかも、最高のかたちで。

亀田がこんなスタイルで戦うとは、一体誰が想像できただろうか。

周りの誰もが、前回の借りを返すべく、今まで以上に強引にKOを狙って打ち合いにいくと思っていた。

実際は、実にクレバーな戦い方だった。

戦前には、「今回勝っても意味が無い。だってランダエダを金で買収してるから」なんていう人もいた。

でもそんな雑音も吹き飛ばしただろう。亀田の動き自体が前回とは、全く違っていた。
この4ヶ月で、亀田は凄まじい成長を遂げたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/19

単身赴任

転勤が急に決まったこともあり、奥さんは、まだ引っ越して来てません。
現在、単身赴任中。

日常生活の不便もさることながら、やっぱり誰も居ない家に帰るのはなんとなく寂しいものです。こういうときに普段何気なくて気づかない有り難味を感じます。

年末には、こちらに来る予定なので、あと2週間ほどですが、
あまり散らかしてると、「この家住めない!」と言われかねないので、
ちょっと片付けとかないとなぁ~ (^ ^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/18

ビジネスマナー

先日、他社さんを見学させていただく機会がありました。

せっかくの機会だということで、自分たちや営業の人だけでなく、人事や情報部門など内勤の人たちも引き連れての参加です。

参加メンバーが皆、職場の拠点がバラバラということもあって、集合場所は、訪問する会社のロビー。
こちらからお願いしての訪問でもあり、時間前には集合するように事前に案内はしていたのですが・・・。

皆、遅れる、遅れる

しかも、内勤の人ばかり。

普段から社内の人ばかりしか付き合っていないと、ビジネスの感覚が狂ってくるのかな?
もっと社会人としての自覚をして欲しいものです。

費用(コスト)に敏感になる前に、時間(コスト)に敏感な社員が増えたら、きっとずっと良い会社になると感じるこの頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/17

デスノート the Last name (06日)

5435


















デスノート the Last name (06日)

<みどころ>
1900万部超の売り上げを誇る人気コミックを、藤原竜也主演で実写映画化したミステリー・ホラーの続編。片瀬那奈を初めとする新キャストを加え、原作とは違う結末を迎える。

< 感想 >
原作が気に入って、映画化された作品を観にいくとがっかりすることがよくあります。
でも、その不安を払拭してくれたのが、前作の『デスノート 前編』でした。

そして、パート2モノはヒットしない。
この通説も見事に覆してくれてるのが今回の『デスノート the Last name』。

前作のときにも感想に書きましたが、この作品は
「先の読めないストーリー展開を楽しむジャンル」
原作と話が同じではスリルがありません。

原作の完成された世界を壊さずにストーリーをアレンジするのは、今回もかなり困難な作業だったでしょう。でも、その結果としての映画版。私は、コミック版より好きです。
コミック版は「絶望」で終わってしまった。それが、

映画版では「希望」につながった。

そんな気がします。



2006年に観た映画ランキング

1.ALWAYS 三丁目の夕日 (05日)
2.フラガール (06日)
3.デスノート the Last name (06日)
4.ユナイデッド93(06米)
5.THE 有頂天ホテル (06日)
6.LIMIT OF LOVE 海猿 (06日)
7.デスノート 前編 (06日)
8.インサイド・マン(06米)
9.ダ・ヴィンチ・コード (06米)
10.フライトプラン (05米)
11.キング・コング (05米)
12.ゲド戦記(06日)
13.ブレイブ ストーリー(06日)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006/12/09

故事成語でわかる経済学のキーワード 梶井厚志

故事成語でわかる経済学のキーワード 梶井厚志
リンク先:http://item.rakuten.co.jp/book/4230606/

故事成語の意味とその由来から、それを経済学のキーワードに置き換えるという試み。
多少、関連がこじつけっぽいところもありますが、ただ経済学のキーワードだけについて書かれた本と比べて、記憶に残る印象度が全然違います。お勧めです。

Photo_11

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/12/05

お客様本位

今日もいい話しを聞く機会がありました。

ある不動産会社でトップセールスの方の講演でした。

大事なのは、お客様本位で考えるということ

お客様本位で考えるためには、当事者意識を持つこと

自分がお客様の立場だったらどう思うかを考えること


なるほど、でもここまでは、頭でわかっててもなかなか実践できないのが実態です。

「実践するには、何に気をつければいいですか?」

答えは明快でした。

全てこちらからする

挨拶にしても、何にしても、受身では駄目。積極的に自分から相手に働きかける。

その気持ちが大事なんですね。

さっそく実践してみようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/02

web会議初体験

B0008fddjw_01__scmzzzzzzz_ 出張中、webカメラを使った会議に参加しました。
実は、webカメラを使っての会議参加はこれが初体験。今は、webカメラなどの必要な機器も3,000円くらいで買えるし、結構手軽に始められるのですね。

体験した感想は、これは仕事でも十分活用できるなと。

ただ、全員がweb会議でなくて、普通の会議に+αで参加するときは、会議室の人にweb参加の人への配慮が必要だということも感じました。

会議室の人にきちんとマイクとカメラが向いてないと、web参加の人は、誰がしゃべっているのかわからないし、音だけだと非常に聞き取りづらくて疲れてしまいます。

まぁ、こういうのは、どんどん普及して、みんなが使いなれてくると、そのツールなりのルールというか文化がうまれてくるのでしょうね。

電子メールも最初そうだったもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »