« 国家の品格 藤原正彦 | トップページ | 仕事納め »

2006/12/28

日本インターネット映画大賞日本映画部門への投票

昨年に引き続き、今年も日本インターネット大賞inブログからTBが来てました。もうそんな時期なんですね。1年あっという間だなぁ。

今年も投票するのは、日本映画部門。昨年同様、邦画の方に勢いがあった1年だった気がします。

投票のルールは、
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ALLWAYS 三丁目の夕日」9点
  「フラガール」8点
  「デスノート the Last name」7点
  「THE 有頂天ホテル」6点
【コメント】
「ALLWAYS 三丁目の夕日」・・・去年からの公開作ですが、評判を聞きつけて年明けに観にいきました。傑作です。
「フラガール」・・・彼女たちのひたむきさに心打たれます。頑張る勇気が出る映画です。
「デスノート the Last name」・・・コミックを読んで臨んだ人は、その結末に唖然とするでしょう。旨い!
「THE 有頂天ホテル」・・・ちょっと懲りすぎの部分もありますが、なかなか楽しめます。もう一度観たい。
-----------------------------------------------------------------
【監督賞】(作品名)
   [山崎貴] (「ALLWAYS 三丁目の夕日」)
【コメント】
 CGってこういう使い方もあるんだなぁと感心。

【主演男優賞】
   [伊藤英明] (「LIMIT OF LOVE 海猿」)
【コメント】
 実は、海猿好き!ドラマも欠かさず観てました。

【主演女優賞】
   [松雪泰子] (「フラガール」)
【コメント】
 まどか先生役で新境地開拓!

【助演男優賞】
   [松山ケンイチ] (「デスノート the Last name」)
【コメント】
 完全に主役を喰ってた気が。

【助演女優賞】
   [薬師丸ひろ子] (「ALLWAYS 三丁目の夕日」)
【コメント】
 こんなお母さん最高です!

【新人賞】
   [松山ケンイチ] (「デスノート the Last name」)
【コメント】
 この映画を観て、すごく「L」に親近感を感じました。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

|

« 国家の品格 藤原正彦 | トップページ | 仕事納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/13231659

この記事へのトラックバック一覧です: 日本インターネット映画大賞日本映画部門への投票:

« 国家の品格 藤原正彦 | トップページ | 仕事納め »