« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/29

そうだったのか!ニュース世界地図2008  池上彰

2007年から2008年にかけて、世界で何が起き、これから何が起きようとしているのかを、それぞれの場所の地図と共に、1テーマ見開き1ページで解説。

著者は、1994年から11年間は、「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。現在はジャーナリストの池上 彰さん

地図の図解付きでビジュアル的にもわかりやすく、新聞等の国際ニュースを理解する基礎知識として役立ってます。

http://item.rakuten.co.jp/book/5156984/

83425142_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/27

米大リーグ開幕シリーズ

米大リーグの今季開幕シリーズ、アスレチックス―レッドソックス。

日本で4年振りの米大リーグ公式戦2試合をTV観戦で堪能しました。

松坂や岡島の凱旋登板もあり、世間の注目は専らスター軍団のレッドソックス。

しかし今回興味深かったのは、むしろアスレチックスの方でした。

チーム財政から、年俸が高額のスター選手は皆無で若い選手ばかり、

日本人の所属選手も居ないことから、地味な印象のアスレチックスですが、

メジャーリーグに革命を起こしたその戦術の徹底ぶりは凄い!

打者は皆、選球眼の良い選手ばかりで、相手投手は四球を連発して球数を費やし、

逆に投手は皆、制球がよく、四球が少なくて大量失点をしない。

これで、若い選手が経験を積んでくれば、チームの年俸総額が数倍もある

レッドソックスやヤンキースとも互角以上に戦えるのも十分納得。

今後も要注目のチームです。

 
20080325stxkc0829250320081f20080326stxkd0785260320081f

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/25

ローカルルールに要注意②

前回の記事に腹ぺこ虎さんから、コメントいただいたように、
大阪の交通事情は更に上を行きます。

朝の通勤時の道路はもはや無法地帯、特に自転車のマナーは酷くて、
いつ事故が起こってもおかしくない状況です。

バス・電車よりも、車で行ったほうが早い場所に会社はありますが、
決して車通勤はしまいと誓っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/23

ローカルルールに要注意

交差点で右折する車は、直進車両や左折車両の進行を妨害してはならない」というのは、ドライバーなら誰でも知っている道路交通のルールです。

しかし、かつての城下町の長野・松本市や、古都・奈良では、右折優先のローカルルールが存在するそうです。

これは、狭い道が細かく交差しているため、右折車両が渋滞原因となることも多く、それを回避しようとした結果、右折優先の意識が地域に根付いてしまったのが原因と言われています。

昨日、奈良市街をドライブしましたが、確かにそう言われてみると、右折の割り込みが多いような・・・。

もちろん、道路交通法で定められたルールが絶対ですが、事故に巻き込まれたら、元も子もありません。(曲がってくる)「かもしれない」運転を心掛けようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/20

もうすぐ春ですね。

今日から、もうプロ野球が開幕なんですねbaseball知らなかった。

もう春なんだなぁcherryblossom


わかったこと : 経理でなくても、期末は忙しぃ~bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

火事

日曜日、通ってるゴルフスクールへ行くと、

人だかりと警官と消防車。そして、入り口は黄色のテープで封鎖中。

何と、併設のレストランから出火の火事があったとのことbomb

あえなく、スクールは休校。

で、それから2日が経過。。。

スクールからその後、何も連絡ないなぁと思っていたところ、

ゴルフスクールの先生のひとりが書いてるらしいブログを発見eye

それによると、今回の火事で、ゴルフ練習場のフロントや事務所が皆、焼けてしまったらしい。

きっと、生徒名簿とかも焼失してしまって、連絡を取ろうにも取れないんだろうなぁ。

これは復旧まで暫くかかりそうな感じです。coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

L change the WorLd(08日)

Photo










大ヒットした「デスノート」2部作で異彩を放った、松山ケンイチ扮するLを主役に据えたスピンオフ作。

前2部作は、原作の漫画のSTORYをうまくアレンジすることで、原作ファンの心を掴みましたが、今回は、全くのオリジナル作品。そこが吉とでるか、凶とでるか・・・。

大凶! ここまで酷いとは。。。今年のワースト作品が決定です。


2008年に観た映画ランキング

1. 陰日向に咲く (07日)

Last.  L change the WorLd(08日)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/11

新銀行東京

東京都が1000億円を出資し、経営難に陥っている新銀行東京
実は、口座持ってたりします。。。wobbly
今は、使ってなくて残金も0に近いので、あまり気にはしてないのですが、
できれば解約してスッキリしたい。
でも、こっちに支店はないし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

佐世保バーガーカフェ イオン大日店

大日の佐世保バーガーカフェへ行ってきました。
ここへ行くのは今回で2度目。気に入ったので、今回はブログ用にちゃんと写真撮ってきました。happy02

Photo








これまで知らなかったのですが、佐世保バーガーって、チェーン店の名称ではなくて、長崎県佐世保市名物の手作りハンバーガーの総称なのだとか。ひとつの決まったスタイルのハンバーガーを指していうのでなく、佐世保市内の店で提供される「手作りで」「注文に応じて作り始める(作り置きをしない)」こだわりのハンバーガーを総称でこう呼んでいるんだそうです。(札幌味噌ラーメンみたいなものsign02

佐世保市内には、現在25店舗の認定店があるそう。いろんなお店の佐世保バーガーを食べ比べるのも楽しそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/08

高卒ルーキー

宴の終わり-。日本ハム・中田翔とヤクルト・佐藤由規、投打の黄金ルーキーによる初顔合わせは、中田があっけなく三振。由規も2回8安打5失点で“プロ初黒星”と、周囲が盛り上げた黄金の対決も拍子抜け。ともに2軍落ちのピンチに立たされた。

これだけ注目の高卒ルーキー2人でも、やはりプロの壁は厚いのか。

思い出したのが、先日、紹介した「マネー・ボール」。オークランド・アスレチックスは、基本的にドラフトで高卒ルーキーを指名しません。これは、旧来の、スカウトの暗黙知(経験や勘)による選手評価を全否定し、客観的データ主義を徹底しているからです。高卒の選手は、体もまだできあがっておらず、その将来性に賭け、高い契約金をつぎ込むのは、リスクが高過ぎるのです。

なんかすごく納得。

00320080307007080307_outr43_00320080307005080307_outr 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

神様からひと言 (萩原 浩)

左遷され、リストラ要因収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった中途入社のサラリーマンの奮闘記。会社内の描写に(多少の誇張はある気はしますがcoldsweats01)リアリティがあり引き込まれます。絶望的な環境にいながらも、自分の人生を見直し成長していく主人公に元気をもらえる一冊です。

萩原 浩の本を読むのは初めてでしたが、一昨年に渡辺謙主演で映画化された
明日の記憶』も読んでみたくなりました。

http://item.rakuten.co.jp/book/1771365/

51bemdpbd4ljpeg 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/03

マネー・ボール (マイケル・ルイス)

日本ハムを球団初のリーグ2連覇に導いた前トレイ・ヒルマン監督を始め、外国人監督全盛のプロ野球界。メジャーの野球は大雑把で、技術や緻密さは日本のプロ野球の方が上というのは、古い常識ではないか?その疑念は、この本を読んで確信に変わります。

メジャーの野球で起きている、これまでの野球界の常識を覆す革新、その震源の中心人物が、オークランド・アスレチックスビリー・ビーンGM
彼は、野球を「27個のアウトを取られるまでは終わらない競技」と定義し、それに基づいて勝率を上げるための要素を統計学的手法をもって分析しました。過去の野球に関する膨大なデータの回帰分析から「得点期待値」というものを設定し、これを上げるための要素を持つ選手を良い選手として評価したのです。

この考え方では、野手の状況(運)により変動する数値は判断基準から排除され、本人の能力のみが反映される数値だけに絞り込んで評価することが最大の特徴です。たとえば、打者のデータで重要視するのは、「打率」ではなく、四死球や振り逃げも含めた「出塁率」。大事なのは「アウトにならない確率――打者の投手に対する勝率」であり、打率は高いに越したことはないが高打率の選手はコストがかかるため、打率が多少低くても出塁率の高さを優先して選手を獲得するのです。一方、 「打点」については、打者がヒットを打った際の走者の有無は、その打者自身の能力が導いたのではなく、単なる偶然であることから重要視されません。また日本の野球では重要視される「バント」もアウトカウントを増やし、得点期待値を下げるだけの行為との考えです。

この考え方の正しさは、メジャー球団のなかでもきわめて資金力の乏しいオークランド・アスレチックスがこれだけ強いことで実証されています。

http://item.rakuten.co.jp/book/3979251/

27010028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

○○三昧

200803011249000 ← 奥さんの実家から送っていただいたはっさく
  
二人で食べきれるかな・・・coldsweats01
    しばらくの間、果物三昧できそうです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/01

NEWブログパーツ追加

ブログ右側のサイドバーに表示されるブログパーツを追加しました!

お気に入りは「人気記事」、「検索フレーズ」、「アクセス地域」各ランキング。

アクセス地域」1位は、東京でした。
意外だったのは4位、愛知。だれが見てくれているのかなぁ~。wink

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »