« めばちこ | トップページ | チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(07米) »

2008/06/08

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎

第5回本屋大賞 受賞作。

本屋大賞」は、書店で働く店員の投票で決定。過去一年に、店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本が選ばれます。

死神の精度』でお気に入りの伊坂幸太郎の最新作で、書店の店員さん( = 本好き & 本に詳しい人)たちに選ばれた本だから、きっと面白いんだろうという期待を持って購入。

読んだ感想は、、、

期待は、全く裏切られませんでした。
ストーリーは、ケネディ大統領暗殺事件をベースに、情報セキュリティの強化で監視社会となった近未来の日本で、国家ぐるみの陰謀に巻き込まれ、首相暗殺事件の犯人に仕立て上げられた主人公の逃亡を描いた壮大なドラマ。
伊坂作品の特徴である多くの登場人物が場面場面で交じりあい、点であった話が次々結ばれて線となっていく爽快感は今回も健在です。
きっとこの作品も近いうちに映画化されるんだろうな。

少し経ったら、もう一度読み返してみたいと思います。

|

« めばちこ | トップページ | チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(07米) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/41470655

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎:

« めばちこ | トップページ | チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(07米) »