« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/26

容疑者Xの献身 (08日)

昨年大ヒットしたドラマ「ガリレオ」の映画版。
ドラマでのポップな世界観とは一線を画した深みのある人間ドラマが展開されます。

この作品は、もともと「ヒットドラマの映画化=ドラマのSP版」という流れではなく、
第134回 直木賞を受賞した原作の映画化を前提に、ドラマ版と同時並行で製作がスタートしたとのこと。

そう言われてみると、ドラマ版は今作を最高のかたちに仕上げるための前座に過ぎなかったのかも知れません。

この映画、実に興味深い・・・!


2008年に観た映画ランキング

1.容疑者Xの献身 (08日)
2.おくりびと (08日)
3.ザ・マジックアワー (08日) 
4.崖の上のポニョ(08日)
5.陰日向に咲く (07日)
6.Sweet Rain 死神の精度 (08日)
7.インディ・ジョーンズ  クリスタル・スカルの王国 (08米)
8.チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (07米)
Last. L change the WorLd (08日)

20081004yougisha01

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/10/24

16歳の教科書

学生時代に受けた授業で一番面白かったのは、予備校の授業でした。予備校では、人気講師の授業はいつも満員御礼で、座席を確保するのも一苦労だった一方、全く生徒が集まらない不人気の授業もあるから、教える方も必死です。そこは完全に弱肉強食の世界。そんな厳しい競争にさらされているのだから、学校の先生の授業とはクオリティが違うのは当然かもしれません。

そんな人気講師の授業に共通していたのは、皆、その教科を学ぶ楽しさをわかりやすく伝えて、生徒に興味を持たせるのが上手なところ。やはり、「好きこそものの~」じゃないけど、上達には、積極的に「関心をもつ」ことが一番なんですね。

この本は、誰もが塾を開けば満員間違いなしの超豪華7人の講師陣が「なぜ学び、なにを学ぶのか」に答える特別講義。大人が読んでも面白い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/19

おくりびと (08日)

遺体を棺に納める納棺師となった男が、多くの別れと対峙する、本木雅弘主演の人間ドラマ。一見地味だが、人生の最期に必要な職業を通して、家族や夫婦愛のすばらしさを描く。

地味で暗くなりがちなテーマを扱いながら、カナダで開かれていた第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを獲得したことから俄かに注目を集め、観た人の評価も高い今作品。

その評判どおり、今年見た映画で1番。今夏に、祖母が亡くなったこともあり、感慨深い作品でした。主演の本木雅弘、広末涼子は、これまで映画での活躍はあまりありませんでしたが、これが代表作となるでしょう。こんな夫婦でありたいなと思います。


2008年に観た映画ランキング

1.おくりびと (08日)
2.ザ・マジックアワー (08日) 
3.崖の上のポニョ(08日)
4.陰日向に咲く (07日)
5.Sweet Rain 死神の精度 (08日)
6.インディ・ジョーンズ  クリスタル・スカルの王国 (08米)
7.チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (07米)
Last. L change the WorLd (08日)

Okuri_b_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

火事

消防車のサイレンがうるさいので、ベランダから外を覗くと、
向かいの住宅街の一角から、凄い炎と煙が。coldsweats02

死傷者が居ないといいですが。。。
放火とかじゃないといいですが。。。

これから空気が乾燥する季節。火の元には十分注意が必要ですね。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/11

リモート予約

この時期は、TV番組の改編期。
週末に見たい番組を1週間分まとめて録画予約しておこうと思っても、
TVガイドの番組表は 「都合により内容は未定」 ばかりで当てになりません。

そこで最近、重宝してるのが、「 Gガイドリモートアクセス

携帯から番組表を呼び出して、簡単に、自宅のDVDレコーダーの録画予約ができるので、朝、通勤途中に新聞のテレビ番組欄を見ながら使っています。
利用料がかからないのもいいところ。

いろんな電気製品がネットワークにつながって、便利になってきてますね。
あとは使いこなせるかどうか・・・smile

Ind_img02_20061024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

48.8% → 15.8%

15.8%

10月8日、同率首位決戦だった巨人・阪神戦の関東地区でのテレビ視聴率です。

14年前、同じように最後までもつれ、勝った方が優勝という中日・巨人の最終決戦の48.8%と比べると、驚くべき凋落ぶりがわかります。

今年の巨人で活躍している選手を見ると、グライシンガー、クルーン、小笠原、ラミレス・・・と例年にも増して他球団からの移籍選手ばかり。この巨大戦力では、メークレジェントも自作自演だろうと白けてしまいます。

資金力のないチームにもチャンスをということで導入されたクライマックスシリーズも、結局、残ったのは、巨人・阪神・中日と資金力のあるチームばかり。ここに広島あたりが入って勝ち進むようなら、きっともっと盛り上がったんでしょうが。。。

スター選手はどんどんメジャーに流出してしまうし、日本のプロ野球界はピンチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/03

郊外型テレワークセンター実証実験

毎日、満員電車に揺られ、長時間通勤している人にとって、
自宅で仕事ができ、肉体的・精神的疲労から開放される在宅勤務はとても魅力的。
でも、自宅には仕事ができるような書斎や、ネットワークの環境がない。

そんな課題を解決してくれる共用オフィスが、
日本テレワーク協会が実証実験を行っている郊外型テレワークセンター
自宅の近くに、セキュリティが確保された仕事をするための環境を整備していきましょうという試みです。

確かにこんな施設が、図書館や病院のような公共の施設として、身近なところにあったら、うれしいでしょうね。

今後の課題は、1日利用して幾らくらいの金額だったら、皆が利用してくれるか。
その収入で、果たして運営が成り立つのか。
といったところでしょうか。

Zu_floor2_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »