« おくりびと (08日) | トップページ | 容疑者Xの献身 (08日) »

2008/10/24

16歳の教科書

学生時代に受けた授業で一番面白かったのは、予備校の授業でした。予備校では、人気講師の授業はいつも満員御礼で、座席を確保するのも一苦労だった一方、全く生徒が集まらない不人気の授業もあるから、教える方も必死です。そこは完全に弱肉強食の世界。そんな厳しい競争にさらされているのだから、学校の先生の授業とはクオリティが違うのは当然かもしれません。

そんな人気講師の授業に共通していたのは、皆、その教科を学ぶ楽しさをわかりやすく伝えて、生徒に興味を持たせるのが上手なところ。やはり、「好きこそものの~」じゃないけど、上達には、積極的に「関心をもつ」ことが一番なんですね。

この本は、誰もが塾を開けば満員間違いなしの超豪華7人の講師陣が「なぜ学び、なにを学ぶのか」に答える特別講義。大人が読んでも面白い!

|

« おくりびと (08日) | トップページ | 容疑者Xの献身 (08日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/42885859

この記事へのトラックバック一覧です: 16歳の教科書:

« おくりびと (08日) | トップページ | 容疑者Xの献身 (08日) »