« 『経営論改訂版』 宮内義彦 | トップページ | 西武がサヨナラで初優勝、日本代表4連覇 アジアシリーズ »

2008/11/16

『さあ、才能に目覚めよう』

成功者の条件とは?
成功を収めた全ての人々に共通するのは、自らの才能を磨き、それを活かす術を知っていること。常に完璧に近い成果をあげるためには、自分のことをもっとよく知っておかなければならない。

才能とは何か?
才能とは、無意識に繰り返される思考・感情・行動パターンであり、何かを生み出す力である。才能とは一人ひとり独自なものであり、そこにこそ最も大きな「成長する可能性」が秘められている。

自分の才能を突き止める方法は?
ストレングス・ファインダーを利用する。ストレングス・ファインダーは、ポジティブ・サイコロジーの見地から人間性を探るために、ウェブ専用に開発された全部で180の設問からなるアンケート調査である。200万人を調査した結果導き出された、強みになりうる34の資質をプロファイリングの測定基準にしており、設問に回答後、自分の優位を占める5つの才能がわかるようになっている。

Webアンケートを利用するには?
本書記載の専用IDナンバーが必要。

早速やってみました。結果は下記の5つ。さすがに結構当たってるかも。
これらを活かせるように頑張ってみようっと!

適応性
それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって、将来を見出す。
計画が予定通りに行かなくなったとしても、適応性という資質によって、その時々の状況に容易に対応することができる。
柔軟性があり、仕事上の必要から同時にいくつものことに注意を払わなければならない場合でも、常に生産性を保てる。
即時行動が求められる短期決戦に強い。長期に渡る勝負は苦手。

回復志向
問題を解決することが好き。
症状を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見い出すという挑戦を楽しむ。
底に潜む要因を明らかにし、その要因を根絶し、物事を本来あるべき輝かしさへ回復することを素晴らしいと感じる。
問題を突き止める必要があるときには、鋭い洞察力を活かす。
早急に改善しなければならない事態になったときに、落ち着いて問題を見極め、実際的な方法で事態の改善を図る。

調和性
衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとする。
周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとする。
論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取る。
まわりから支持されているとわかると、より集中し、より生産的で、より創造的な力を発揮する。
相手の意見を変える議論を好まない。

自我
他人に認められたい。
独立心が強く、仕事の中で、好きなようにやらせて欲しい、又は自分のやり方でやるための余地を与えて欲しいと感じる。
相応に認められないと自尊心がひどく傷つけられたと思う。

慎重さ
用心深く、決して油断しない。
自分のことをあまり話さない。

|

« 『経営論改訂版』 宮内義彦 | トップページ | 西武がサヨナラで初優勝、日本代表4連覇 アジアシリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/43126773

この記事へのトラックバック一覧です: 『さあ、才能に目覚めよう』:

« 『経営論改訂版』 宮内義彦 | トップページ | 西武がサヨナラで初優勝、日本代表4連覇 アジアシリーズ »