« 巨人、7年ぶりの日本一 | トップページ | DISNEY'S クリスマス・キャロル IMAX 3D版 (09米) »

2009/11/15

ハイ・コンセプト 「新しいこと」を考え出す人の時代

ダニエル・ピンク[著] 大前研一[訳]

■「情報の時代」から「コンセプトの時代」へ

  • 豊かさのおかげで、多くの人の物質的ニーズは過剰なまでに満たされるようになった
  • 左脳型のルーチンワークの大部分は、情報化・グローバル化の恩恵で驚くほど安いコストで行われるようになった

■「左脳主導思考」から「右脳主導思考」へ

  • これからはハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)の時代
  • 「エキスパート思考」(決まった解決策が存在しない新しい問題を解決すること)と「複雑なコミュニケーション」(説得、説明、その他の方法で情報についての特定の解釈を伝えること)の価値が高まる

■これから求められる「六つの感性」とは?

  • 機能だけでなく「デザイン」
  • 議論よりは「物語」
  • 個別よりも「全体の調和」
  • 論理ではなく「共感」
  • まじめだけでなく「遊び心」
  • モノよりも「生きがい」

|

« 巨人、7年ぶりの日本一 | トップページ | DISNEY'S クリスマス・キャロル IMAX 3D版 (09米) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/46774459

この記事へのトラックバック一覧です: ハイ・コンセプト 「新しいこと」を考え出す人の時代:

« 巨人、7年ぶりの日本一 | トップページ | DISNEY'S クリスマス・キャロル IMAX 3D版 (09米) »