« 今年の運勢は | トップページ | 特典航空券 »

2010/02/01

1月の読書メーター (読書メーター始めました。)

今年はできるだけたくさんの本を読もうという一年の目標を立てました。
そこで、目標をやりとげるのに何か励みになるものがないかと探して見つけたのが、
読書メーターというサイト。
自分がこれまで読んだ本の累計冊数と累計ページ数の推移をグラフ化してくれるので、
一冊ずつ読破していくのが楽しみになります。
また、下記のようなブログ掲載用のまとめページを作ってくれるのもうれしいところ。
これでしばらく楽しみながら読書を続けられそうです。


1月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:4497ページ

時生 (講談社文庫)時生 (講談社文庫)
東野圭吾の著書の中でもお気に入りの一冊。日本版「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ってとこでしょうか。
読了日:01月30日 著者:東野 圭吾
空中ブランコ (文春文庫)空中ブランコ (文春文庫)
トンデモ精神科医・伊良部シリーズ3作品の中で、これが一番好きかな。
読了日:01月27日 著者:奥田 英朗
男たちのワーク・ライフ・バランス男たちのワーク・ライフ・バランス
仕事と子育ての両立。これからはパパも真剣に考えないといけない時代です。
読了日:01月25日 著者:ヒューマンルネッサンス研究所
夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)
全校生徒が夜を徹して80キロ歩きとおす、ただそれだけのイベントが、一生の思い出に昇華する。青春っていいな。
読了日:01月23日 著者:恩田 陸
猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?
今の社会で、いろいろなものを犠牲にしてまで子どもを産み育てたいという希望を持つ親がはたしてどのくらいいるのでしょう。問題は、社会が子どもを産み育てることに価値を見出せなくなってきてしまったことにあるのではないでしょうか。
読了日:01月23日 著者:猪口 邦子,勝間 和代
豊かさの精神病理 (岩波新書)豊かさの精神病理 (岩波新書)
難そうなタイトルのわりに読みやすい。1990年、正にバブル絶頂の時代を象徴したエピソードの数々。今振り返ってみるとやっぱり正常じゃなかった気がする。
読了日:01月22日 著者:大平 健
「ドラゴン桜」わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力「ドラゴン桜」わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力
「楽勉」は実践したいと思います。ドラゴン桜を読んだときほどの気付きはなかったかな。
読了日:01月20日 著者:親野 智可等
博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
博士と私と息子のルート。3人の愛情が暖かい。数学が物語になるってすごいなぁ。
読了日:01月18日 著者:小川 洋子
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~
どんな先生に教わるかによって、その分野に興味を持てるようになるかどうかって大きく変わるんですよね。予備校の先生の授業が面白かったのを思い出しました。
読了日:01月17日 著者:7人の特別講義プロジェクト
日本語文法の謎を解く―「ある」日本語と「する」英語 (ちくま新書)日本語文法の謎を解く―「ある」日本語と「する」英語 (ちくま新書)
言葉とは、その思想や世界観が反映されたもの。「文法とは結局、文化」であることが、日本語と英語の文法の違いを比較することでよくわかります。そもそもの発想法が違うのだから、完璧な翻訳ソフトが作れないのももっともなわけです。
読了日:01月16日 著者:金谷 武洋
養老孟司の“逆さメガネ” (PHP新書)養老孟司の“逆さメガネ” (PHP新書)
独特の文体になかなか馴染めず、イマイチよくわかったようなわからないような。でも合理化、情報化に振れ過ぎている現代社会の価値観を疑ってみるというのは、そのとおりだと思いました。
読了日:01月14日 著者:養老 孟司
頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)
「NGな文章」「頭のいい文章」の例示により、その違いがひと目でわかります。
読了日:01月11日 著者:日本語倶楽部,小泉 十三
町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)
「イン・ザ・プール」の次に読みましたが、ちょっと話がパターン化して飽きてきたかなぁ。でも「空中ブランコ」も読むと思います。
読了日:01月11日 著者:奥田 英朗
頭の整理がヘタな人、うまい人 (だいわ文庫)頭の整理がヘタな人、うまい人 (だいわ文庫)
ごくごく基本的なことばかりですが、論理的に考えるポイントがわかりやすく紹介されています。
読了日:01月10日 著者:樋口 裕一
赤い指 (講談社文庫)赤い指 (講談社文庫)
世の中、こんな何かが壊れてしまった家庭が増えてるのかと思うと哀しいなぁ。
読了日:01月09日 著者:東野 圭吾
働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)
働くとは、「他者に価値を与える(傍を楽にする)こと」って考えるのはいいですね。
読了日:01月09日 著者:駒崎 弘樹
イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
面白い。続編も早く読みたい。
読了日:01月09日 著者:奥田 英朗

Matome_gimage_47112_1

|

« 今年の運勢は | トップページ | 特典航空券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88006/47454847

この記事へのトラックバック一覧です: 1月の読書メーター (読書メーター始めました。):

« 今年の運勢は | トップページ | 特典航空券 »