« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/29

子ども手当

児童手当(4月から子ども手当)の認定請求手続きをするため市役所へ。

支給は、申請した翌月分からとなり、過去分を遡っては支給されないので、

3月中になんとか行かなきゃということで、

半日出張だった日の帰りに行ってきました。

そう何度も、平日休むわけには行かないので、絶対1回で済まそうと、

事前に市役所のHPを入念にチェック。


手続きに必要なものは・・・、「手当の振込先の預金通帳」だけのようです。

ホントにそれだけ?出生を証明する書類とか必要じゃないの?

かなり疑わしいですが、記載はそれだけなので信じるしかありません。

少しドキドキしながら、窓口へ行きました。

申請書類に記入を求められます。

出生を証明する書類の提示は特に必要ないようです。

預金通帳、必要でした。

そして、

職員 「年金手帳に記載のある基礎年金番号って今わかりますか?」

やはり不安的中!

私 「わかりません。(そんなの急にわかるかい、なんでHPに書いてないの?)」

職員 「それじゃあ、電話で結構なので後ほどご連絡ください。手続き以上です。」

私 「わかりました。(なんだ電話でいいんだ。良かった。)」

家に帰って、基礎年金番号を確認して市役所に電話。無事、手続き完了です。


でも、後でよくよく考えてみました。

手続きで必要だった、銀行口座と基礎年金番号はどちらも電話連絡でもOKでした。

じゃあ、何でわざわざ市役所まで来て手続きさせるの?

郵送やネットでの申込みをOKにしないのはなぜ?

やっぱり、お役所仕事なんでしょうか。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/26

トラオくん退院

今日は、奥さんとトラミちゃんの退院後一週間の検診日。

そして、トラオくんも体重2300g越えで無事退院です。

houseに帰ってくるなり、まずは二人で泣き声の大合唱だったとかcoldsweats01

いよいよ双子の子育てが本格的にスタートです。


\ どっちからあやしていいものやら・・・ /

           Pen1_78

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/23

満員電車でもOK

日本経済新聞の電子版が創刊。

携帯で見れるので、満員電車内でも気兼ねなく新聞が読めるのが快適です。

いよいよ日本でも、電子書籍端末スマートフォンが本格的に普及しそうですね。

100126_nikkeiweb_promo_sample_img

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/22

すれ違い

トラミちゃんが体重2300グラムを超えました。

トラオくんより一足先に、無事病院を退院です。

でも今日は連休最終日。

パパは大阪に帰らないといけません。

なかなか子供たちとゆっくり会えないのが切ないですね。

また会いに来るからね~。bullettrain dash dash dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/20

初挑戦!

新米パパもオムツ替え沐浴に初挑戦。

1回やっただけで、腰が・・・。

これを毎日やってくれてるママさんには、頭が下がります。


\ ウムウム /

   Pen1_11

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/19

つかの間の休息

出産後1週間、奥さんは本日無事に退院することができました。

トラオくんとトラミちゃんは、退院できる規定体重の2300gに、

ちょっと足りないので、まだ新生児室でお預かり。

なかなか子どもたちとゆっくり会えないのが切ないなぁ~。catface

でも、おかげでお母さんはちょっと一息つけるかな?

これから忙しい毎日が始まる前に、

おいしいものでも食べて、シッカリ充電しなきゃねthunder


\ ひさしぶ~りの肉♪肉♪ /

        Dan_pen20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/14

出産

木金とお休みをいただけたので、

週末と併せて4日間、病院に行きました。

今回の出産は帝王切開。二人も自然分娩で産むよりは、

少しは楽かなと思っていたら、とんでもない!

奥さんは、術後丸2日間、ベットから起き上がることもできず寝たきり、

要介護の状態でした。

お腹切る手術だし、やっぱり出産って大変ですね。

トラオくん、トラミちゃんは、しばらく新生児室でお預かり。

お母さんが元気になるまで、少し待っててね。

お母さんは頑張って、元気な双子を産んでくれました。

本当にどうもお疲れ様でした。ありがとう!


\ 腹痛ぃぞぉー / 

     Pen1_67

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/11

誕生! トラオくん&トラミちゃん

2010年3月11日(木)10時34分。

長男が生まれました。

そして、

2010年3月11日(木)10時36分。

長女が生まれました。


そう、

双子だったんです♪

一気に家族が倍に。これからにぎやかになりそうです。

このブログでは、寅年生まれの二人をニックネームで

トラオくん」「トラミちゃん」として紹介したいと思います。

当面、このブログは二人の育児日記になりそうですlovely

125777043292016217310_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/07

脱刺激の時代?

関西に来て、残念なことの一つは、ラーメンのおいしい店が少ないこと。

そんななかでも、近所にある数少ないお気に入りの店に行ってきたのですが、

いつの間にかメニューが一新、

好きだった、唐辛子が効いた辛口とんこつがメニューから消え、

あっさりとんこつスープ、オンリーになってました。

刺激の強い食べ物は、あまり受け入れられない世の中になってしまったのでしょうか?

そんなパンチのない食べ物ばかりじゃ、イヤだー!crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/06

サビ抜き

久しぶりに回転寿司に行ったら、いつの間にやら全品サビ抜きになっててびっくり!

さび抜きなんて、子ども用と思ってたら、
最近の若者にはサビ抜き派も増えてきているらしくて、さらにびっくり!!

Yd_susi
http://release.center.jp/2010/03/0301.html

ワサビつけて食べる理由には、殺菌効果もあるんだから、
サビ抜きでばかり食べてたらおなか壊すで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/03

3年越しの・・・

3年前からぼやいていましたが、

ようやくこの3月から、うちの地域の路線バスでもPiTaPaが使えるようになりました。

これでやっと、PiTaPa1枚だけで、会社まで通勤できます。

磁気カードではないので、いちいち定期入れから出さずに、

かざすだけで済むのが楽チンです。

それにしても、実現まで長かったな~。

Pitapa_howto1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/02

2月の読書メーター

2月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3309ページ

コンピュータが連れてきた子どもたち―ネットの世界でいま何が起こっているのかコンピュータが連れてきた子どもたち―ネットの世界でいま何が起こっているのか
子どもにはできるだけ五感を育む環境を与えてあげたいな。
読了日:02月28日 著者:戸塚 滝登
深い河 (講談社文庫)深い河 (講談社文庫)
死というものの存在が消されてしまっている我々の暮らし。死を隠すことが皮肉にも生をも失わせてしまっているのかもしれない。
読了日:02月27日 著者:遠藤 周作
王妃の離婚 (集英社文庫)王妃の離婚 (集英社文庫)
法廷サスペンスですが、時代設定が中世ヨーロッパなのが斬新でした。
読了日:02月23日 著者:佐藤 賢一
なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術
チームの生産性を向上させるための25のツールを紹介。具体的で、すぐ実践できるのがGood!
読了日:02月22日 著者:小室 淑恵
鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」―セブン‐イレブン式脱常識の仕事術 (日経ビジネス人文庫)鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」―セブン‐イレブン式脱常識の仕事術 (日経ビジネス人文庫)
顧客は「今ないもの」については聞かれても何も答えられない。現物を提示されて、初めてこんなものが欲しかったと気づく。明日の顧客は何を求めるか。顧客に聞くのではなく、自分で「仮説」を立て、その結果を「検証」する。このサイクルを愚直に繰り返しているところがセブンイレブンの強み。
読了日:02月19日 著者:勝見 明
夏の庭―The Friends (新潮文庫)夏の庭―The Friends (新潮文庫)
ひとりの老人と少年たちの交流を描いた物語。限られた少数の人間関係の中で暮らしている現代の子どもたちにとって、こんな経験は一生の財産になっていくんだろうと思います。
読了日:02月15日 著者:湯本 香樹実
「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)
急激な少子高齢化が進む日本では、「医療」や「介護」の財源として増税が不可避である以上、「年金」については、税方式に切り替えるより、現行の保険料方式を維持する方が現実的ということなのかなぁ。
読了日:02月14日 著者:細野 真宏
子どもが減って何が悪いか! (ちくま新書)子どもが減って何が悪いか! (ちくま新書)
相関関係を因果関係にすりかえた主張がマユツバだってことがよくわかります。
読了日:02月13日 著者:赤川 学
人生の教科書「人間関係」 (ちくま文庫)人生の教科書「人間関係」 (ちくま文庫)
豊かな人間関係を築くために明日からできること、そんなヒントが満載です。
読了日:02月09日 著者:藤原 和博
まひるの月を追いかけて (文春文庫)まひるの月を追いかけて (文春文庫)
橿原神宮、藤原京跡、今井、明日香。この小説と同じコースを歩いてみたいなと思いました。
読了日:02月07日 著者:恩田 陸
知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)
この本で、現在の世界の政治・経済の大きな流れをつかんでおきましょう。日ごろのニュースが理解しやすく、関心を持てるようになります。
読了日:02月06日 著者:池上 彰
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
とても24年も前に書かれた本とは思えない。今読んでも全く古さを感じないことに驚きました。
読了日:02月01日 著者:外山 滋比古

Matome_gimage_47112_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/01

3月スタート

早いもので今日からもう3月。
気候も急に暖かくなってきました。

初日の今日は、いろいろ良いことが続いた一日でした。
なんか今月は、良い一ヶ月になりそうな気がします。

Mil37021_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »