« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/29

写真を持ち歩く

子どもたちの写真を持ち歩いて、皆に見せびらかしたい親ばかパパさんですが、

デジカメの写真を携帯電話に取り込むのは、意外と面倒。。。

5年前に買ったiPodに取り込む手もありますが、

2010042903540000

液晶画面小っちゃ! よく見えません。。。

Iphone081219  か、 100128ipad_nfs2_2

欲しいな~lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/18

もしドラ



今、巷で話題のピーター・ドラッカー

そのブームの火付け役となったのがこの本です。

表紙のイラストを見て、買うのを躊躇してしまうかもしれませんが、

ぜひ勇気を出して買ってください。

新幹線の車内で読んでいて、泣きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/17

夜行バス

週末、横浜に帰る予定が、
金曜の夜に飲み会が入ってしまいました。

土曜の朝に早起きできる自信はなかったので、
飲み会の後、そのまま夜行バスで 大阪→横浜 移動することに。

夜行バスもピンキリあって、豪華なのは、横3列セパレート席に、
フルフラットまで倒せるシートのタイプが8千円。
普通のタイプだと4.5千円。

もちろん選んだのは普通のタイプ。
頻繁に行き来する身からすると新幹線(1.2千円)との価格差は大きい。

予想通り、車内は狭く、トイレ休憩で2,3時間ごとに起こされましたが、
それほど疲れもたまらず、この歳でもなんとかなりました。

子どもたちのお世話しに行ったはずが、
土曜は半分くらい、一緒に寝ちゃったけど・・・。bleah

2週間ぶりの再会でしたが、二人ともずっしり重くなってました。
スクスク育ってくれているようです。

Ny743_photo1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/11

渋滞解消

普段いつも渋滞していた国道1号やその周辺道路。

この週末、出掛けたらずいぶんと空いていました。rvcar dash

どうやら3月20日に全線開通した「第二京阪道路」の影響のようです。

こんな高速道路だったら、つくるの大歓迎♪

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/03

EX-IC

EX-IC、初めて使いましたbullettrain dash

改札前に切符を発券する必要がなく、そのまま改札へ

改札で「ICご利用票」が出てくるのを受け取って、乗車。

これで、新幹線車内での改札がなくなれば◎なのですが、

「ICご利用票」を車掌さんに見せる必要があるのは、従来どおりでした。

残念。

いつも、車掌さんがまわってくるのって、

食事中だったり、ウトウト仕掛かりだったり、タイミング悪いんですよね。catface

120342720989916411948

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

3月の読書メーター

3月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3262ページ

壬生義士伝 上   文春文庫 あ 39-2壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2
吉村貫一郎、初めて知りました。大河ドラマ「竜馬伝」など、この時代の小説に最近興味あり。
読了日:03月29日 著者:浅田 次郎
自民党政治の終わり (ちくま新書)自民党政治の終わり (ちくま新書)
戦後という環境にうまく適応した統治の仕組みであった自民党政治のシステム。冷戦の終結と経済のグローバル化が進展するのに伴って、国際環境や経済条件が根本的に変質してしまった今、多数の人がメリットを享受できる仕組みでなくなった以上、もう元に戻ることはできない。
読了日:03月22日 著者:野中 尚人
PTA再活用論―悩ましき現実を超えて (中公新書ラクレ)PTA再活用論―悩ましき現実を超えて (中公新書ラクレ)
子どもがお世話になるし、何か社会貢献はしたいと思うけど、PTAはやっぱりなんか気が重いですね。
読了日:03月15日 著者:川端 裕人
大誘拐―天藤真推理小説全集〈9〉 (創元推理文庫)大誘拐―天藤真推理小説全集〈9〉 (創元推理文庫)
出てくるキャラクターが皆、素晴らしい!結末も◎
読了日:03月14日 著者:天藤 真
現代人のための脳鍛錬 (文春新書)現代人のための脳鍛錬 (文春新書)
本のほうは、脳トレほど面白くないかな。
読了日:03月11日 著者:川島 隆太
ユージニア (角川文庫)ユージニア (角川文庫)
恩田陸さんの現実にはありえそうもない設定なのに、すごくリアリティのある世界観が好き。
読了日:03月11日 著者:恩田 陸
日本の戦争力 (新潮文庫)日本の戦争力 (新潮文庫)
今後の国際社会での日本のあり方や、日米安保について考えるベースとして、必読の書でしょう。アメリカにとって日本がそんなに重要な軍事拠点だったとは知りませんでした。
読了日:03月10日 著者:小川 和久,坂本 衛
部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~
必要に迫られ、実践を通じて培われたノウハウの数々。説得力が違う。
読了日:03月07日 著者:佐々木 常夫
柔らかな頬〈下〉 (文春文庫)柔らかな頬〈下〉 (文春文庫)
こういう結末とは。。。あまり好きではないですね。
読了日:03月05日 著者:桐野 夏生
柔らかな頬〈上〉 (文春文庫)柔らかな頬〈上〉 (文春文庫)
主人公にはあまり共感できないが、結末が気になり下巻に続く。。。
読了日:03月03日 著者:桐野 夏生

Matome_gimage_47112_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »