2010/04/29

写真を持ち歩く

子どもたちの写真を持ち歩いて、皆に見せびらかしたい親ばかパパさんですが、

デジカメの写真を携帯電話に取り込むのは、意外と面倒。。。

5年前に買ったiPodに取り込む手もありますが、

2010042903540000

液晶画面小っちゃ! よく見えません。。。

Iphone081219  か、 100128ipad_nfs2_2

欲しいな~lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/29

テンション↑↑

2年ぶりに携帯を機種変しました。

初めてのスライド式携帯♪ ワンセグも付いてる♪

気分は、upupです。

2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

PASMO、3月18日スタート

Ay_pasmo PASMOがいよいよ3月18日スタートしました。JRとも相互利用が可能なので、SuicaもしくはPASMOで首都圏のほとんどの電車・バスが乗れることになります。
またモバイルSuicaとも連携することで、切符やカードを持たずに携帯電話だけで自由に乗り降りできる時代が到来したことになります。

一方、関西では、残念ながらまだここまで進んでいません。
JRはICOCA、私鉄各社はPiTaPaを推進しており、PiTaPaは、チャージすればJRでも利用可能ですが、まだPiTaPaを導入していない私鉄・バスがかなりあります。また、JRではモバイルSuicaが利用可能なものの、おサイフケータイの導入は、JR、私鉄とも進んでいません。
京阪バス、京阪電車、近鉄、JRをよく利用する自分としては、バスカード、PiTaPa、スルッとKANSAI、携帯電話を使い分けなくてはなりません。PiTaPaと携帯電話を間違えて、改札を鳴らし、周りに迷惑をかけることもしばしば。
早く携帯電話一つで済むようになってほしいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/24

ワイヤレスヘッドホン水没!

Pic_15 せっかくBluetooth対応のP902iを買ったこともあり、専用のワイヤレスヘッドホン『mLink R for P902i』を購入したのが2週間前。

携帯はポケットに入れたまま。胸ポケットでリモコンを操作して音楽が聴ける快適さに満足の日々。

しかし、事件が今日起きてしまいました・・・。


妻「ねぇ、大ショックなことが起きたんだけど。」

僕「な、何?」

妻「服、洗濯したんだけど、胸ポケットに、コレ」

僕「がーーーん!!!」Σ( ̄ロ ̄lll)


愛用ワイヤレスヘッドホン水死。。。

せっかく買ったのにわずか2週間の命なんて (T△T) せつないっス。


しかーし、万が一の可能性に賭けて、乾かしたあと電源を入れたら、

動く!動きます!

精密機械だから絶対ムリだと思ってましたが、奇跡の復活です。
良かった。。。\(*T▽T*)/ワーイ

これからは、上着を洗濯に出す際は要注意。
皆様もお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

お財布携帯に機種変したら・・・

P1010001 いよいよSUICAにも対応ということで、ついにお財布携帯に機種変を致しました。

パチパチパチパチ(拍手)。

早速、「Edy」で買い物したり、「マツキヨ」や「ヨドバシカメラ」のポイントカードを移行したり、「ANA」や「JAL」のマイレージサービスに加入したりしています。

ただ不安なのは、こんだけいろんなものを携帯に入れて、壊れたらきっと大、大、大ショックだろうなぁ~ということ。。。

特に、モバイルSUICAを使う際は要注意

今までカードのときは、読み取りに失敗して改札が閉じてしまわないように、かなりしっかりと改札機に押し当てていたのですが、

携帯で同じことをやると

ガツッ!

かなりの衝撃が。。。

携帯も改札機の読み取り部も両方とも硬いので置く際には十分に気をつけないと、さすがにそこまでの対衝性はないだろうし、壊れちゃいますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/25

電子BOOKって売れてるのでしょうか?

ソニーの読書専用端末「リブリエ」松下のシグマブックなどの
電子書籍端末が発売されていますが、果たして売れているのでしょうか?

続きを読む "電子BOOKって売れてるのでしょうか?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/15

デジカメ戦国時代

京セラ株式会社は10日、10日付各紙で「デジタルカメラ事業から撤退」と 報道された件につき、事実であるとした ~(中略)~ 撤退の理由を 同社では「デジタルカメラの価格が急激に下落し、現在の事業規模では メリットを見出せなくなったため」としている。

との記事。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2005/03/10/1143.html


闇鍋さんがblogでお書きになっていますが、これからもどんどんシェア下位
メーカーの淘汰が進んでいき、上位の数えるほどのメーカーだけが生き残る
寡占化が進行して行くのでしょう。

ただ下位メーカーの一発逆転が不可能になったわけではありません。
最近の売上ランキングを見てみると、トップに松下のDMC-FX7が入って
います。

松下は、デジカメ市場に参入したかなり後発組のメーカーで、参入当時は、
まさかトップを争うようになるとは思ってもみませんでした。

松下のデジカメの特徴は、高倍率の光学ズームと手ブレ防止機能にあると
思います。
ユーザーの「望遠で綺麗な写真を簡単に撮りたい」というニーズに対して、
他社は、「高倍率のズーム」までしか提案できなかったのを、
松下は、「高倍率のズーム」⇒「手ブレの影響が大きくなり、三脚が必要」
⇒「三脚を使わなくて済む様に手ブレ防止機能を付加」まで踏み込んだ
製品を出せたことが評価につながったのだと思います。


デジタル製品は、
・価格の下落が非常に速く、製品に特徴のない下位の
メーカーは生き残ってはいけないこと
・ユーザーのニーズを的確に掴んだ製品によっては一括逆転で、
勢力地図が一気に塗り変わること
を今回改めて感じました。


シェアが取れず淘汰されるリスクや、シェアトップを取っても、いつその座
から蹴落とされないとも限らないリスクと戦いながら経営をしていかねば
ならないメーカー各社を見ているとつくづく大変な時代になったと感じます。

(追記)
ニタさん、コメントありがとうございます。

成長戦略が描けず、経営資源を集中して投資ができないと、
また業績が悪くなって、リストラが必要になる・・・
こんな負のスパイラルにはまらないようにしたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)