2012/03/04

2月の読書メーター

読んだ本の数:2冊
読んだページ数:711ページ
ナイス数:15ナイス

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
映画を観て再読。最初に読んだ時は気にならなかったのですが、今回は少し荒唐無稽過ぎるかなと感じられました。
読了日:02月12日 著者:伊坂 幸太郎
これからのリーダーに知っておいてほしいことこれからのリーダーに知っておいてほしいこと
苦境に立たされた日本の家電メーカー。再生は成るのだろうか。
読了日:02月04日 著者:中村邦夫

2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/19

1月の読書メーター

読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1255ページ
ナイス数:22ナイス

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
タイトルからもっと軽い話を想像していたら、以外にヘビーでした。
読了日:01月21日 著者:三浦 しをん
日本中枢の崩壊日本中枢の崩壊
日本の先行きがますます悲観的に感じられてしまいました。
読了日:01月17日 著者:古賀 茂明
ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)
優れた戦略の条件としてストーリーとして面白いことを挙げているが、この本自体がその点で優れており、説得力がある。
読了日:01月10日 著者:楠木 建

2012年1月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/19

12月の読書メーター

読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2003ページ
ナイス数:20ナイス

ガリレオの苦悩 (文春文庫)ガリレオの苦悩 (文春文庫)
テレビドラマ版で生まれた主要登場人物の内海薫刑事が今作から小説にも登場。彼女が加わることで話しの面白味が増した気がします。 ガリレオ・シリーズがまたテレビドラマ&映画化されるのが楽しみです。
読了日:12月31日 著者:東野 圭吾
パナソニックがSANYOを買収する本当の理由パナソニックがSANYOを買収する本当の理由
戦略不在の場当たり的な買収で、再び過酷なリストラに着手せざるを得なくなるはず、という著者の見立て通りに事態は進行しているのではないだろうか。
読了日:12月31日 著者:荻 正道
もう誘拐なんてしない (文春文庫)もう誘拐なんてしない (文春文庫)
あれよあれよの急展開で一気に読ませます。ミステリーとしてどうかというのは置いておいて、面白かったから⭕。TVドラマ化されますが、東川さんの作品はキャラクターの個性が強いので、イメージ合うかちょっと心配。
読了日:12月30日 著者:東川 篤哉
イクメンで行こう!―育児も仕事も充実させる生き方イクメンで行こう!―育児も仕事も充実させる生き方
エピソードが感動的。本書では、色んな人の話しを交ぜて創作したとあるが、講演会で本人の話しを聴くとやはり大部分は本人の体験談のようです。
読了日:12月17日 著者:渥美 由喜
仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?
試してみることに失敗はない。明日は今日と違う自分になれるよう、早速何ができるか考えてみたい。
読了日:12月06日 著者:デイル ドーテン
利休にたずねよ利休にたずねよ
利休の生涯を本人や周りの人々が語る。 秀吉によって自害させられる最後が周知の事実であることを逆手にとり、 徐々に過去に遡るストーリー展開になっている。 利休がそこまで美を追求する原点は何だったのか、最後まで読み飽きない。
読了日:12月04日 著者:山本 兼一

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/04

11月の読書メーター

読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1487ページ
ナイス数:8ナイス

采配采配
なんてタイムリーなタイミングに出た本だろう。これぞ企画の勝利でしょう。 周りから何故?と思われることが多い「オレ竜」采配。その理由を本人が語っているのだから興味深い。そして、その内容は極めて説得性が高く、一般社会でも通用する普遍的なことにも言及している。さすが選手時代に下積みとトップの両方を経験し、監督としても特出すべき成績をおさめた人の言葉は重い。早くどこかの球団で監督に復帰して欲しいと思う。
読了日:11月30日 著者:落合博満
私が会社を変えるんですか? AIの発想で企業活力を引き出したリアルストーリー私が会社を変えるんですか? AIの発想で企業活力を引き出したリアルストーリー
AIの発想での組織改革を小説仕立でわかりやすく紹介。 AI=Appreciative Inquiry(アプリシアティブ・インクワイアリー)とは、プラス志向の問いかけを繰り返し、個人や組織の本来の強みや真価を確認することで、一体感を醸成し、現場を巻き込みながら、組織の総力を高めるマネジメント手法。従来型の組織改革のようにマイナス面にフォーカスして解決を図る方法ではなく、組織や個人が本来持っている「強み」に注目し、内在する可能性や活力を、ダイアローグ(対話)により引き出すアプローチをとる。
読了日:11月26日 著者:中島崇昴,本間 正人
百年たっても後悔しない仕事のやり方百年たっても後悔しない仕事のやり方
今の時代のリーダーに求められる条件として、出口さんは「共感力」を挙げているが、出口さんがまさに「共感力」に優れたリーダーの見本だと思う。大手生命保険会社を退職後、50歳を越えてから、ライフネット生命の会社設立に奔走。その動機は、本来子育てで一番お金が必要な二十代、三十代が各世代間で一番貧しいという日本社会の現状を憂い、若い世代の人たちでも加入できる価格のサービスを提供できる保険会社をつくりたいということだと言う。若い世代に平気で自分たちのツケをまわす日本において、出口さんたちの取組みを応援して行きたい。
読了日:11月17日 著者:出口 治明
羆撃ち羆撃ち
熊打ちの相棒、犬のフチとのエピソードが感動的! 著者は現役のハンターだとか。 どおりで描写にリアリティがあるはずでした。
読了日:11月12日 著者:久保 俊治
そうか、君は課長になったのか。そうか、君は課長になったのか。
今度、講演会でお話しを聞くので事前に読んでおきました。 佐々木さんの著書を読むのは『部下を定時に帰す仕事術』に続いて2冊目ですが、同じ内容の部分も多かったので読むのはどちら1冊で充分と思います。
読了日:11月06日 著者:佐々木 常夫
「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない
切り口が斬新。そしてその主張は普遍的で非常に説得力がありました。 大学時に日本に留学し、日本で起業して一部上場企業にまで登りつめた外国人起業家というバックグラウンドがあればこそ、言えることなんだろうと思います。日本を活性化させるのは、こんな多様性あふれる意見をもっと取り入れるべきと感じました。
読了日:11月02日 著者:宋 文洲

2011年11月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/06

10月の読書メーター

読んだ本の数:2冊
読んだページ数:811ページ
ナイス数:8ナイス

コーチングの神様が教える「できる人」の法則コーチングの神様が教える「できる人」の法則
成功している人ほど、犯してしましがちな20の悪癖を指摘。 なぜ、成功者がそのような過ちを犯してしまうのか、それによってまわりにどんな影響を与えてしまっているのか、わかりやすく解説されている。 この本を読めば、自分が何を改善すべきか「理解」できると思う。後は「実行」できるか否かである。
読了日:10月23日 著者:マーシャル ゴールドスミス,マーク ライター
スターバックス成功物語スターバックス成功物語
さすがスターバックス。他のお店とは一味違う心地よい雰囲気の原点がよくわかりました。この本も途中何度かスターバックスでお茶しながら読みました。
読了日:10月20日 著者:ハワード シュルツ,ドリー・ジョーンズ ヤング

2011年10月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/16

9月の読書メーター

読んだ本の数:2冊
読んだページ数:525ページ
ナイス数:32ナイス

阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
阪急電車を利用する人びとの暖かい心の交流に癒されます。映画も観てみたくなりました。
読了日:09月25日 著者:有川 浩
神様のカルテ (小学館文庫)神様のカルテ (小学館文庫)
誰にだって"向き不向き"がある。一人で全部できる必要はない。
読了日:09月08日 著者:夏川 草介

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/05

8月の読書メーター

読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1124ページ
ナイス数:11ナイス

ディズニー7つの法則―奇跡の成功を生み出した「感動」の企業理念ディズニー7つの法則―奇跡の成功を生み出した「感動」の企業理念
この手の本では珍しく、小説仕立てになっています。 感動的なエピソードが多く、最後まで一気に読めました。
読了日:08月29日 著者:トム コネラン
iPad on BusinessiPad on Business
もうちょっと内容を充実させて欲しいかな
読了日:08月26日 著者:大木 豊成
憂鬱でなければ、仕事じゃない憂鬱でなければ、仕事じゃない
テレビでの対談で興味を持ち、購読。 刺激を受ける一冊でした。
読了日:08月24日 著者:見城 徹,藤田 晋
破天荒!―サウスウエスト航空 驚愕の経営破天荒!―サウスウエスト航空 驚愕の経営
ボリューム満点の本でした。 ぜひ機会があったら、サウスウエスト航空を利用して見たいです。
読了日:08月15日 著者:ケビン フライバーグ,ジャッキー フライバーグ
図解 なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣―世界中のビジネスマンが学んだ成功の法則図解 なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣―世界中のビジネスマンが学んだ成功の法則
だいぶ前に買った本。積読になっていましたが、気が向いたので読んでみました。今、実践して効果を実感しているタイムマネジメント手法と共通点が多く、納得しながら読めました。
読了日:08月13日 著者:ケリー グリーソン

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/08/07

7月の読書メーター

読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1070ページ
ナイス数:26ナイス

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間
今度、職場の懇親会でレストランを利用するので、幹事として、リッツについて研究中。 この本を読んで、プライベートでも宿泊してみたくなりました。
読了日:07月22日 著者:高野 登
リッツ・カールトンの究極のホスピタリティリッツ・カールトンの究極のホスピタリティ
「リスクなくして感動なし」 常にチャレンジする気持ちを大切にしたい。
読了日:07月17日 著者:四方 啓暉
八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
小説の舞台のひとつである小豆島に一度行ってみたいな。
読了日:07月09日 著者:角田 光代
謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
2011年本屋大賞受賞作は、さすがに面白い! 東川 篤哉氏の作品を読むのは、「殺意は必ず三度ある」に続いて2作品目でしたが、今作では、ミステリー作品として数段レベルアップしていると思いました。きっとこの作品もシリーズ化されるでしょうし、今後も期待大です。
読了日:07月08日 著者:東川 篤哉

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/06

6月の読書メーター

読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2003ページ

残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
最初、著書の仕事に対する考え方に共感できないところもあったが、読み進めると結構参考になる内容だった。
読了日:06月26日 著者:山崎将志
グッドライフ (小学館文庫)グッドライフ (小学館文庫)
韓国の本を初めて読みました。この本を読んだら、我が子たちが元気に育ってくれていることが、なんて幸せなことだろうって感じます。
読了日:06月18日 著者:チョ・チャンイン
アジアビジネスで成功する25の視点 (PHPビジネス新書)アジアビジネスで成功する25の視点 (PHPビジネス新書)
講演会を聴きに行くので、事前に著書を購読。 講演会では日本企業にどんな叱咤激励があるのか楽しみです。
読了日:06月12日 著者:財部 誠一
隠蔽指令 (徳間文庫 え 7-2)隠蔽指令 (徳間文庫 え 7-2)
こんな指令を受けることのない世界で生きていけることにホッとします。
読了日:06月11日 著者:江上 剛
たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法―やるべきタスクをらくらくこなすシンプルな原則たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法―やるべきタスクをらくらくこなすシンプルな原則
内容一つ一つに目新しさはないけれど、無理なく続けられるよう工夫されている。すぐ実践ができるようにウェブサイトからシートをダウンロードできるのが◎
読了日:06月09日 著者:水口 和彦
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
これは面白い! 最初はどんな展開になるのかと思ったけど、いやぁ最後は感動的です。映画化されるということで、どんな感じで映像化されるのか気になります。
読了日:06月05日 著者:万城目 学

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/09

5月の読書メーター

読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1434ページ

ディズニーに学ぶ満足循環力―「お客様満足」+「社員満足」の秘密 (学研新書)ディズニーに学ぶ満足循環力―「お客様満足」+「社員満足」の秘密 (学研新書)
ディズニーランドのホスピタリティレベルの高さは、CSとESの好循環の結果。 それが可能なのは魔法の王国ならではですが。
読了日:05月30日 著者:志澤 秀一
シャドウ (創元推理文庫)シャドウ (創元推理文庫)
いやぁ〜、まんまと騙されました。
読了日:05月25日 著者:道尾 秀介
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
2000年に発売され、日本で200万部、全世界で600万部、42カ国でNo.1となった超ベストセラー。 でしたが、さすがに今読むと、内容にあまり目新しさを感じませんでした。
読了日:05月20日 著者:アラン ピーズ,バーバラ ピーズ
そのときは彼によろしく (小学館文庫)そのときは彼によろしく (小学館文庫)
まあまあ楽しめましたが、やっぱり作品の完成度としては『いまあい』のほうが断然上かな。
読了日:05月03日 著者:市川 拓司

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧